雑件

2018年10月20日 (土)

倉重公太朗ディナーショー

Original 本日、倉重公太朗ディナーショーに出席してきました。いや、お手紙には、「当日は鏡割りをよろしく」とあったので、そうだと思っていたら、突然祝辞が回ってきて、とっさに「同志です!」みたいなことを喋ったような気がしますが、動転していてあんまり覚えていません、なんて。

ディナーショー?倉重さんって弁護士でしょ?と思ったあなた。いやいや倉重さんが今までいた安西法律事務所から独立して、来週から「倉重・近衛・森田法律事務所」として出発する、その記念のパーティというわけです。

いやしかし、ギンギンのロックスター張りの登場シーンから始まって、この演出はすごい。慶應の応援団はご愛敬でしたが、社労士の皆さんのロックバンドをバックに絶唱するにはなかなかしびれましたぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年7月27日 (金)

先生と様

いやそりゃ、hamachan先生なら愛称になるけれども、hamachan様では人をおちょくっとんのかということになるわな。それならただのhamachanと言え、と。

あれ、そういう話じゃなかったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年7月12日 (木)

これは焦った・・・

いやいや、さすがにそれはない・・・。

https://twitter.com/ryunoshin_tamo/status/1016970301219921920

日本型雇用システムとは、諸外国と比較して日本が大きく異なった労働システムを構築しているっていう意味で括っているので、、 濱口桂一郎先生が分類したところ広まった観念ですね。

ち、ち、ちょっとそれはなんぼなんでも。日本型雇用システムをめぐる議論には長い歴史があります。私はそれ自体には特に何も付け加えておらず、近年の労働政策との関係でそれに「ジョブ型」とか「メンバーシップ型」というラベルを貼って論じただけなので、わたしが「分類」しただの、それで「広まった」だのと言われると、偉い先生方の逆鱗に触れますのでどうかご容赦を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月11日 (木)

早見俊『労働Gメン草薙満』

894278これは本屋でたまたま見かけて、タイトルが労基小説だぞ!と訴えていたので買って読んだのですが、正直微妙でした。

http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198942786

労基小説と言えば、かつて本ブログで紹介した沢村凜さんの『ディーセント・ワーク・ガーディアン』は、内容的にも立派な労基小説でしたが、

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-748a.html(本邦初の労基小説! 沢村凜『ディーセント・ワーク・ガーディアン』)

こちらはタイトルがいかにもであるにもかかわらず、中身はB級の警察小説、犯罪小説に監督官を狂言回しとしてくっつけただけという感じです。

たぶん、一昨年末に労基のかとく部隊が電通にどやどやと入る映像を見て、これ使える、と思って書き下ろしたんじゃないかと思いますが。

大手化学メーカーに勤務する村瀬一雄が帰宅途中に服毒自殺した。村瀬の妻から相談を受けた労働基準監督官の草薙満は、村瀬が退社後にアルバイトをしていたことを突き止める。アルバイト先を張り込み中、草薙を不審者と勘違いして職務質問してきたのが、ひばりが丘警察署の安城沙也加だった。村瀬の自殺の真相を探るうち、草薙と沙也加はある謎に直面する――。熱血“労働Gメン”登場!

いや、熱血はいいんだけど、女性警察官と一緒になって覚醒剤密造の犯罪捜査に熱中しているというのは、労働基準監督官としてどうなの?としか・・・。警察が民事不介入で強制捜査できないところを、労基は臨検監督できるからといいように使われているだけというのは、いくらなんでもひどくないか、と。

挙げ句の果てには、こんな台詞まで飛び出してきて、いや労基小説書くんならもう少し労働基準法を勉強してから書いてよね、と。

沙也加が満の背中を指でつついた。

満も労働Gメンの使命感が湧き上がってきた。

飛び出すと、

「労働基準監督官です。臨検を行います」

証票を右手で示した。

大塚は一瞬、満を睨んでいたがすぐに満だと気づき、戸惑いの表情となった。満の横に沙也加がやってきて、

「段ボールの中身は何ですか」

と厳しい声を出した。

口を閉ざした大塚に向かって、満が、

「大塚さん、従業員へのパワハラ行為は労働基準法に違反しますよ」

はぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月 6日 (土)

日本人は個人として優秀なのか集団として優秀なのか?

これはどちらかというと漫談風のエントリですが、経済産業研究所のサイトの新春特別コラムのとりわけタイトルにとても違和感を感じたので、その違和感のよって来るところをちょっと考えてみたいと思います。

https://www.rieti.go.jp/jp/columns/s18_0006.html (個人では超優秀な日本人が、企業体になるとなぜ世界に負けるのか;日本企業の極めて低い生産性の背景に何があるのか by 岩本晃一)

ところが、超優秀な日本人が大人になり、会社に就職して組織で仕事を始めると、どういう訳かとたんに、アウトプットは貧しくなる。就職した若者は、仕事の手を抜いている訳ではない。毎日夜遅くまで、必死で仕事をしているにも関わらず、組織としてのアウトプットは世界的に見て、極めて低い。いまや日本人の労働生産性の低さは世界的に有名だが、いまだに日本人の多くが日本が世界的に強いと信じ込んでいる「ものづくり」の分野でも、日本人の生産性は先進国のなかで、ほとんどビリに近い(図表1)。一体、日本の企業組織のどこがおかしいのだろうか。先日、ある友人が「うちの会社に入ってくる新人は、入社時は目がきらきらと輝いているが、1年経つと、死んだ魚のような目になる」と言っていた。その表現が必ずしも全ての若者を表現している訳ではないが、一面では真実であろう。・・・

いやいや、ちょっと待ってくれ、日本人は個人では超優秀だって?そして企業体になると世界に負け続けるって?

少なくともバブル崩壊までの日本では、全く逆の言説が世間で主流であったことは、一定年齢以上の人々であればみな覚えているでしょう。

曰く、日本人は個人では諸外国にかなわないが、集団になれば一致団結して頑張るからここまで成長できたんだ云々と。

欧米人は個人主義、日本人は集団主義という、今となってはかなりの程度疑わしい議論も堂々と通用していたその頃は、それと日本経済の強い競争力を絡めたその手の議論が様々な意匠をまといつつ流されていました。

さらには、これは中国人から、「中国人は一人では龍だが、三人だと豚になる」という議論もあって、これは裏返して言うと、「日本人は個人では豚なのに三人だと龍になる」という意味でした。

まあ、個人で行動したがるということと、その個人が成果を出せるということは別ですし、集団で行動したがるということと、その集団が効果を発揮するということは別ですから、安易な議論はすぐ底が抜けるのですが、とはいえ、時代が変わると、かつてどんな議論が流行っていたかが完全に忘れ去られて、全く逆の議論が栄えるという姿を見ると、こういうたぐいの議論にはあんまりかかわらないほうが(後世の見る人の目を意識するのであれば)身のためという気もします。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2017年8月16日 (水)

チキンゲーム

なるほど、むかし授業で習ったチキンゲームというのは、こういうことなんだな、ということをリアルタイムで教えてくれる国際政治。

刃物を振り回してる非常識なチンピラとまっとうな常識人がチキンゲームをしたら前者が勝ってしまう。そうならないためには、後者が前者と同じくらい非常識なチンピラにならなければならない。

ふむ、そういう意味では彼は絶妙のタイミングで大統領になったのかも知れない。金正恩がびびるくらい非常識なチンピラが大統領に。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

言語とジェンダー

いや、そんなたいそうな話じゃなくってですね。

こういうツイートがあって、

https://twitter.com/yuwencs/status/896721976810627072

小説『君の名は。』の中国語版を手に入れたので日本語の原著と並べ読みしてみた。「私」と「俺」が中国語では「我」にしかならないのでふりがなに「♀」と「♂」をつけて区別してるのが涙ぐましい。

Dhhl3upuwaan7bt


Dhhl3utuiaazquc

ふむ、人称代名詞とジェンダーというと、he/she とか、il/elle みたいな話で、それがない中国語では他/她と字だけで区別するという話になるわけですが、俺/私には対応しきれないようです。

一瞬、我/娥でどうか、と思ったけれど、いやもう使われてる字だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月14日 (月)

「戦前」がいっぱい

なんだかいろいろ炎上しているみたいだけど、なんにせよ、「戦前」という茫漠たる言葉に何でもかんでも放り込むのだけはいかがなものか、と。

少なくとも、言葉の正確な意味での「戦前」、すなわち戦時体制よりも前の、社会がまだ(言葉の本来の意味での)(アメリカ方言じゃない)(「ソーシャル」の対義語としての)「リベラル」な資本主義体制の下にあった時代と、

陸軍が社会政策の守護神みたいな顔をしてしゃしゃり出て、近衛新体制が「ヒットラーの如く、ムッソリーニの如く、スターリンの如くやれ」と社会主義者によって讃えられ、実際に国家総動員法に基づく諸勅令によってそれまで資本家側の反対でできなかった「ソーシャル」な改革がどんどん実現した時代と、

チキンゲームにのめり込んで対米全面戦争に突入し、言葉の正確な意味での物資直接管理の戦時社会主義体制に陥った時代とを、

同じ「戦前」という言葉で語るのだけは、いいかげんにしてほしい。

(参考)

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-67cd.html(陸軍省『国政刷新要綱案』)

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-f66b.html(坂野潤治『〈階級〉の日本近代史』)

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_a88b.html(超リベサヨなブッシュ大統領)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月16日 (火)

徳川家光の母

253537実は私は人に言えない黒歴史がありまして、中学生時代、八切止夫の本にはまって、何十冊もむさぼるように読み、挙げ句の果てに学校の社会科の教師に「これが真実の歴史だ、さあこれを読め」みたいなことをやらかしたりしたことがあるんですが、さすがにその後成長するにつれ、さすがに信長殺し光秀ではないとか、徳川家康は二人いたとか、上杉謙信は女だったとか、そういうのはないやろと思うようになり、若気の至りは深く心に中に秘め隠してきたのですが、さはさりながら、いくつかいやいやそれはありかも知れないというネタがあり、その一つが徳川家光の生母は江ではなく春日局だというのがあったんですね。

41euu6zosbl__sx316_bo1204203200_最近出た福田千鶴さんの『春日局』(ミネルヴァ書房)が話題ですが、実は福田さんは既に大河ドラマに合わせて出した『江の生涯』(中公新書)で、家光の生母は江ではないと言っていたので、その時に結構話題になっていたのですが、今回の本について、『文藝春秋』6月号の鼎談書評(山内昌之×片山杜秀×柳田邦男)で、片山さんが実は小学校の頃八切止夫が云々というのを見て、一瞬にして45年前の記憶が蘇ってきたでござるよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2016年12月 1日 (木)

そりゃそうなるよな

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161130/k10010790081000.html(自民と連合が5年ぶりに政策協議)

・・・自民党本部で5年ぶりに行われた政策協議には、自民党から茂木政務調査会長らが、連合からは、逢見事務局長らが出席しました。この中で、連合の逢見氏は、「大きな影響力を持つ自民党との意見交換は大変ありがたい」と述べ、労働者の雇用の安定やすべての世代が安心できる社会保障制度の確立などを要請しました。
これに対して茂木氏は、「連合の政策に最も近いのは自民党ではないかと自負している。労働界を代表する連合との意見交換を通じて、働き方改革などの実現につなげていきたい」と応じ、協議を続けていきたいという考えを伝えました。
このあと連合の逢見氏は、記者団に対し、「相撲でいえば、お互いの感覚が一致して、立ち会いができた。自民党とは政策面での距離感は無く、特に雇用や労働、社会保障の面での問題意識は、自民党も同じであり、来年は、もう少し早く行いたい」と述べました。

ねずみを捕らない、どころか、ねずみをいっぱい引き入れて家の中をしっちゃかめっちゃかにする白猫と、ちゃんとねずみをたくさん捕ってくれる黒猫がいたら、それはもちろんねずみを捕ってくれる猫の方がいい猫なんです。

もちろん、その黒猫は猫をかぶっているだけで、白猫を追い出したらもっと性悪になるかも知れないという議論はあり得るけれども、ねずみを捕らないダメな白猫に「猫猫たらずとも」忠誠を誓えというのは愚かな議論です。

労働組合とは政治団体でもなければ宗教団体でもなく、況んや思想団体でもないのですから。

そこのところが分かっていない議論が多すぎるのが困ったことですが。

| | コメント (5) | トラックバック (2)
|

より以前の記事一覧