フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 井上定彦『現代社会経済システムの変容と展望』 | トップページ | 労働政策研究報告書No.231『地方の若者のキャリアの変化と職業意識』 »

2024年7月 9日 (火)

経団連の『労使協創協議制』構想は従業員代表制への途を開くか?@WEB労政時報

WEB労政時報に「経団連の『労使協創協議制』構想は従業員代表制への途を開くか?」を寄稿しました。

https://www.rosei.jp/readers/web_limited_edition

 去る1月16日、日本経済団体連合会(経団連)は「労使自治を軸とした労働法制に関する提言」を公表しました。この提言はざっくり言うと、労働時間規制の緩和を求める今まで繰り返されてきた議論と、集団的労使関係法制の見直しにつながりうる(経営側としては)目新しい議論を結合させたものということができます。・・・

 

« 井上定彦『現代社会経済システムの変容と展望』 | トップページ | 労働政策研究報告書No.231『地方の若者のキャリアの変化と職業意識』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 井上定彦『現代社会経済システムの変容と展望』 | トップページ | 労働政策研究報告書No.231『地方の若者のキャリアの変化と職業意識』 »