フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 政省令等からみるフリーランス新法@『先見労務管理』7月10日号 | トップページ | 井上定彦『現代社会経済システムの変容と展望』 »

2024年7月 5日 (金)

連合の第7回(最終)集計はぎりぎり間に合わなかった

一昨日(7月3日)。連合が今年の春闘の第7回(最終)集計を公表しました。

https://www.jtuc-rengo.or.jp/activity/roudou/shuntou/2024/yokyu_kaito/kaito/press_no7.pdf?6150

これにぎりぎり間に合わなかったのが、来週全国の書店で発売される予定の『賃金とは何か』(朝日新書)です。

実は、これの第1次稿を書いたときには、3月22日の第2次集計の数字でした。その後編集者との間で行ったり来たり、校正が初校、二校、三校と進むにつれて、数字が少しずつ動いていき、最後の三校で、6月5日の第6次集計の数字を書き入れて校了となりました。

そして見本がわたしの手元に送られてきた7月3日に、最終集計が公表されたというわけです。まあ、7月刊行というスケジュールで動いていたので、これはしょうがないわけですが。

というわけで、わたしの手元にある見本の239ページをちらりとご覧に入れておきます。

Image0-1

最終集計の数字でいえば、「ベースアップ率は3.56%と、定期昇給率の1.64%の2倍を超え」となります。

厳密に言うと、235ページのこのグラフも、元データが少しずつずれているはずですが、そこまで修正していません。

Image0-3

 

 

« 政省令等からみるフリーランス新法@『先見労務管理』7月10日号 | トップページ | 井上定彦『現代社会経済システムの変容と展望』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 政省令等からみるフリーランス新法@『先見労務管理』7月10日号 | トップページ | 井上定彦『現代社会経済システムの変容と展望』 »