フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 労働者性の判断基準の見直し? | トップページ | 藤本真・佐野嘉秀編著『日本企業の能力開発システム』 »

2024年6月28日 (金)

カスタマーハラスメントの相談割合 27.9%@『労務事情』

B20240701 『労務事情』7月1日号に「カスタマーハラスメントの相談割合 27.9%」を寄稿しました。

https://www.e-sanro.net/magazine_jinji/romujijo/b20240701.html

去る5月17日の雇用の分野における女性活躍推進に関する検討会(学識者6名、座長:佐藤博樹)に、「女性活躍に関する調査」と「職場のハラスメントに関する実態調査」の概要が提出されると共に、厚生労働省のHPにそれぞれの調査結果のフルバージョンがアップされました。そのうちハラスメント調査の方は、顧客等からの著しい迷惑行為(カスタマーハラスメント(カスハラ))や就活等セクハラの実態が詳細に報告されており、今後の対策の必要性を感じさせるものになっています。・・・・

 

 

 

« 労働者性の判断基準の見直し? | トップページ | 藤本真・佐野嘉秀編著『日本企業の能力開発システム』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 労働者性の判断基準の見直し? | トップページ | 藤本真・佐野嘉秀編著『日本企業の能力開発システム』 »