フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 梅崎・南雲・島西『日本的雇用システムをつくる』書評@『社会経済史学』 | トップページ | 賃金、上がるのは誰か 氷河期世代は再び受難も@日経新聞電子版 »

2024年3月 4日 (月)

スキルとデキル

ジョブ型雇用社会で必要なのはスキル。具体的なジョブを実際に遂行することができるスキル。これに対してメンバーシップ型社会で求められるのは、いかなる意味でも具体的なジョブのスキルではなくて、どんなことでも「できる」ことなんだなあ。「できません」はありえない。できるまで頑張る。スキルとデキル。あまりいいしゃれじゃないか。

« 梅崎・南雲・島西『日本的雇用システムをつくる』書評@『社会経済史学』 | トップページ | 賃金、上がるのは誰か 氷河期世代は再び受難も@日経新聞電子版 »

コメント

スキルがなければ結局できないわけですから、その行き方の行く先は「できたと粉飾する」なのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅崎・南雲・島西『日本的雇用システムをつくる』書評@『社会経済史学』 | トップページ | 賃金、上がるのは誰か 氷河期世代は再び受難も@日経新聞電子版 »