フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 橋本陽子『労働法はフリーランスを守れるか』が3月7日発売予定 | トップページ | 大内伸哉『最新重要判例200[労働法] <第8版>』 »

2024年2月20日 (火)

EUプラットフォーム労働指令案の迷走@WEB労政時報

WEB労政時報に「EUプラットフォーム労働指令案の迷走」を寄稿しました。

WEB労政時報 有料版

 情報通信技術の急速な発展の中で、世界的にプラットフォーム労働が拡大しており、日本でもコロナ禍でウーバーイーツが急速に普及し、その労働者性を巡って労働委員会に問題が持ち込まれる一方、労災保険の特別加入も進められています。この問題に関してはアメリカでもヨーロッパ諸国でも労働者性を巡る裁判が起こされ、多くの国で労働者性を認める判決が出されていることは周知のとおりです。また、欧州連合(EU)では2021年12月に、「プラットフォーム労働における労働条件の改善に関する指令案」が行政府たる欧州委員会から提案され、立法府である閣僚理事会と欧州議会で審議が進められてきました。そして、昨年2023年12月13日に、両者は合意に達したと、それぞれが発表するに至りました。これで、ほぼ2年越しの懸案はついに決着したと、ほとんどすべての人が思ったでしょう。私もそう思ったので、翌日早速拙ブログにその旨を書きました。ところが、そう簡単に問屋は卸してくれなかったのです。・・・・・

 

 

« 橋本陽子『労働法はフリーランスを守れるか』が3月7日発売予定 | トップページ | 大内伸哉『最新重要判例200[労働法] <第8版>』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 橋本陽子『労働法はフリーランスを守れるか』が3月7日発売予定 | トップページ | 大内伸哉『最新重要判例200[労働法] <第8版>』 »