フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 第131回労働政策フォーラム「時間帯に着目したワーク・ライフ・バランス─家族生活と健康─」のご案内 | トップページ | 小谷野敦さんが『家政婦の歴史』を取り上げてくれました »

2024年2月 9日 (金)

EUプラットフォーム労働指令案は合意したみたいだけど依然霧中のよう

Shutterstock_1374104273800x450 本ブログで執念深く一々業界紙情報により事態の動きを追いかけているEUプラットフォーム労働指令案ですが、昨日(2月8日)にいったん再び閣僚理事会(を代表するベルギー議長国)と欧州議会(の雇用社会問題委員会の代表)の間で合意がまとまったらしいのですが、例によってまたも横やりが入ったらしくて、理事会における正式の投票は最終金曜日(2月16日)に延期されたと、この記事の冒頭に追記されています。

Platform work rulebook hangs by thread ahead of member states’ final nod

 Updates
This article was updated to reflect the fact that the vote in the Council has been postponed to next Friday (16 February)

Negotiators from the European Commission, Council and Parliament struck a deal on the Platform Work Directive – for the second time – on Thursday (8 February), with all eyes now on member states, who have been asked to rubberstamp it next Friday.

元の記事では、8日(木)に「次の金曜日」にあたる翌9日に理事会でペタンと判子を押すことになっていると書かれていたのが、翌日に「次の金曜日」にあたる翌週の16日に延期されたと追記が書かれているわけです。まぎらわしいなあ。

それはそれとして、ベルギー議長国が提示した指令案の案文は、労働者性の推定規定のところがかなり骨抜きになっているようです。

The substance of the text has changed radically in the past two months, with hopes it would alleviate France’s concerns.

条文の内容は過去2か月間に、フランスの懸念を和らげるために過激に変化した。

As it stands, the algorithmic management in the workplace chapter, which seeks to protect workers from automatic algorithmic decision-making, is identical to the December deal, but the legal presumption has been watered down considerably.

アルゴリズム管理の規制のところは12月の合意から変わっていないが、労働者性の法的推定のところは顕著に骨抜きになっている

The presumption is a novel mechanism looking to harmonise ways through which member states allow for the reclassification of platform workers from self-employed to fully employed, when evidence shows there is subordination between the worker and the platform.

For a long while, the presumption included clearly laid-out criteria, each of which hinted at subordination. If the platform worker met a certain number of these criteria, then the presumption could be triggered.

指令案では長らく推定は条文に明確に規定された従属性を示唆する基準に含まれていた。もしプラットフォーム労働者がこれら基準のいくつかに合致すれば推定が発動される。

The trilogue deal does away with criteria altogether, in line with a draft text circulated last week by the Belgium Presidency, and seen by Euractiv. However, the text requires that an “effective legal presumption” be created in all member states.

先週ベルギー議長国が回覧した案文では、三者交渉はこれら基準を完全に放擲してしまった。しかし案文は全加盟国で「有効な法的推定」が創設されるべきとしている。

 

 

« 第131回労働政策フォーラム「時間帯に着目したワーク・ライフ・バランス─家族生活と健康─」のご案内 | トップページ | 小谷野敦さんが『家政婦の歴史』を取り上げてくれました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第131回労働政策フォーラム「時間帯に着目したワーク・ライフ・バランス─家族生活と健康─」のご案内 | トップページ | 小谷野敦さんが『家政婦の歴史』を取り上げてくれました »