フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 欧州委員会が欧州労使協議会指令の改正案を提出 | トップページ | 争議行為の参加人員6,447人@『労務事情』2月1日号 »

2024年1月24日 (水)

欧州議会選挙では極右が躍進する

47f11dfb9be219641d0d6e4f0781f1cd800x ついでにもう一つEUネタ。EUobserverの記事で、「EU Parliament will see far-right surge at election, study says」(欧州議会選挙では極右が台頭する)

EU Parliament will see far-right surge at election, study says

According to the ECFR's predictions, anti-European populists are expected to top the polls in nine member states: Austria, Belgium, France, Hungary, Italy, Poland, the Netherlands, Slovakia and the Czech Republic, while they are also likely to come second or third in a further nine EU countries.

ECFRの予測によると、反欧州ポピュリストはオーストリア、ベルギー、フランス、ハンガリー、イタリア、ポーランド、オランダ、スロバキア、チェコの9か国でトップになると予想されているが、他のEU 9 ヶ国でも2位か3 位につけている。

Forecasts for 2024 show that the two biggest winners will be the Identity and Democracy (ID) group, with almost 100 MEPs (an increase of 40 seats), and the European Conservatives and Reformists (ECR), with 85 MEPs (an increase of 14 seats).

2024年の予測によると、2大勝者は、約100人の議員(40議席増)を擁するアイデンティティと民主主義(ID)グループと、85人の議員(14議席増)を擁する欧州保守改革派(ECR)となるだろう。

Combined, the two populist-right groups would make up nearly a quarter of the chamber — surpassing the European People's Party (EPP) or the Socialists and Democrats (S&D) for the first time, and narrowing the gap with them, as ID would become the third-largest political force.

二つのポピュリスト右派グループを合わせると、議院のほぼ4分の1を占めることになり、初めて欧州人民党(EPP)や社会民主党(S&D)を上回り、両党とのギャップは縮まって、3番目に大きな政治勢力となろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 欧州委員会が欧州労使協議会指令の改正案を提出 | トップページ | 争議行為の参加人員6,447人@『労務事情』2月1日号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 欧州委員会が欧州労使協議会指令の改正案を提出 | トップページ | 争議行為の参加人員6,447人@『労務事情』2月1日号 »