フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2024年のキーワード:日本型職務給@『先見労務管理』 | トップページ | アメリカ労働省の労働者性判断規則 »

2024年1月11日 (木)

ウラジーミル・プーチン『プーチン重要論説集』@『労働新聞』書評

9784065332658_2245x400 今年も『労働新聞』で書評をしていきます。私の興味の赴くままに紹介していきますが、それが皆様の読書生活に何かのご参考になれば幸いです。

さて、今年の第1回目は、もうすぐ3年目に入ろうというウクライナ戦争の背景を探ろうという訳で、ウラジーミル・プーチン『プーチン重要論説集』(星海社新書)です。

【書方箋 この本、効キマス】第48回 『プーチン重要論説集』 ウラジミール・プーチン著、山形 浩生訳/濱口 桂一郎

 ロシアがウクライナへの侵略を開始してから早くも3年近くが経った。この間、国際政治学者や軍事評論家により膨大な解説が溢れたが、そもそもプーチンは何でこんなとんでもないことを始めたのか、という一番肝心のことについては、いまいち隔靴掻痒の感を免れない。弱い者いじめをする悪者だから、で片付けてしまってはいけないだろう。戦争とは正義と正義のぶつかり合いであるとするならば、プーチンにはプーチンの正義があるはずだ。それを知るには、誰かの解説という間接話法ではなく、プーチン自身の肉声に耳を傾けるのが一番いい。そのために絶好の素材が、この500ページを超える分厚い新書版の翻訳書だ。
 プーチンの論説なんか嘘とまやかしに満ちているに違いない、と決めつけるなかれ。いやもちろん、2014年のクリミア併合時に、公式の記者会見ではロシア兵なんかいないよとうそぶいていながら、直後のテレビ生放送の直通電話では平然とロシアの特殊部隊を使ったと語ってみせるなど、そういう戦術レベルのことについては、いくらでも嘘をついていいと思っているようだ。しかしながら、なぜウクライナに攻め入らねばならないかというような思想の根本に関わるようなレベルについては、プーチンは本音を、彼にとっての真実を語っている。
 プーチンにとっての真実が全面展開されているのが、ウクライナ侵略の半年前に書かれた「ロシア人とウクライナ人の歴史的一体性について」だ。プーチンにとって、ウクライナなんて国は本来存在するはずのないものなのだ。なぜなら、ウクライナ人などという民族は存在せず、彼らはロシア人なのだから。千年前の古ルーシ(キエフ公国)の末裔が、その後の東(モンゴル)と西(ポーランド、オーストリア)からの侵略で引き裂かれていただけなのだ。なのに、マロロシア(小ロシア)地方に住むロシア人を「ウクライナ人」という名の民族であるかのように仕立て上げ、ソビエト連邦の構成共和国をでっち上げたのは、レーニンたち共産党の連中だ。
 そう、プーチンにとってレーニンたちのロシア革命とは、偉大なロシア帝国を架空の民族共和国に切り刻むという許しがたい犯罪行為であったようなのだ。彼は説く。「したがって現代のウクライナは完全にソヴィエト時代の産物なのだ。その相当部分は歴史的ルーシの土地に作られたのをみんな知っているし記憶している。・・・ボリシェヴィキはロシアの民を、彼らの社会実験のための無尽蔵の材料と見なした。・・・ロシアは確かに奪われたのだ」と。
 ウクライナ政府をネオナチと呼び、大愛国戦争でナチスドイツを打倒した軍事的栄光を褒め称えるからといって、プーチンは決して共産党時代のソ連を礼賛するわけではない。彼の本領はむしろ、大ロシア主義に満ち満ちた「ロシアのネトウヨ」なのだろう。だからこそ、社会主義の理想を掲げて作り上げられた偽善に満ちた「アファーマティヴ・アクションの帝国」(テリー・マーチンの著書の題名)が、ソ連崩壊後に瓢箪から駒のように新たな民族国家を生み出したことが許せないのだ。

よく見ると、プーチンの名前が「ウラジミール」になっていますな。原著は「ウラジーミル」で、私の原稿もそうなっていたはずですが、編集部がなまじ気を利かして日本で一般的な表記法にしてしまったようです。

さっそく、労働新聞編集部が修正してくれたようです。

 

« 2024年のキーワード:日本型職務給@『先見労務管理』 | トップページ | アメリカ労働省の労働者性判断規則 »

コメント

ウクライナの住民の多くは、ロシア人によって差別されている少数民族なんかではなく、ロシア人である、ということなんでしょうね。東ドイツが「西ドイツばっかりいい目を見ている、同じドイツ人なのに、おかしいじゃないか!」ということで侵攻しました、みたいな感じでしょうか?たまたま、東ドイツが大国だったら、こうなっていたかもしれませんね。侵攻された方は、君ら(ロシア、東ドイツ)が変わればいいだけじゃないか?、ってなりまよね。要するに、プーチンは「血の社会主義者」ってことかな

  現ウクライナ国家歌詞(日本語訳)

  ウクライナの栄光も自由もいまだ滅びず、
  若き兄弟たちよ、我らに運命はいまだ微笑むだろう。
  我らが敵は日の前の露のごとく亡びるだろう。
  兄弟たちよ、我らは我らの地を治めよう。

  我らは自由のために魂と身体を捧げ、
  兄弟たちよ、我らがコサックの氏族であることを示そう。

ということで、現代のウクライナ人は、この地域を支配し、1648年~1764年まで、モスクワからは実質的に独立していた、コサック国家を自分達のルーツであると考えていて、その首領だった、ボフダン・フメリニツキーやイヴァン・マゼーパを民族の英雄と考えていますから、ロシア帝国主義史観丸出しのプーチンの見解を絶対に受け入れる筈もないですね。

 参考記事;「何者?ゼレンスキーも語るウクライナの自由の民コサックとは」NHK国際ニュースナビ 2022/09/21)
( https://www3.nhk.or.jp/news/special/international_news_navi/articles/qa
/2022/09/21/24806.html )

そう言えば「世に倦む日々」氏はマルクス主義者なのでしょうか。
 だとしたらマルクス・レーニン主義国家を否定しているプーチンのウクライナ侵略を肯定しているのはどういうことなのでしょう?
 ピケティ先生はソ連崩壊後のロシアでオルガルヒと呼ばれる資本家が経済を牛耳り、格差が広がっていることを批判しております。
 プーチンは一部のオルガルヒを国外追放してはいますが、それでも多くのオルガルヒに支持されています。
  「世に倦む日々」先生は格差拡大やオルガルヒのような強欲資本家は大嫌いだったような気が(^^;
 そんな人がどうしてプーチンを支持できるのは不思議ですね。

彼はそんな高級なものじゃなくって、単純に米帝国主義が諸悪の根源であり、反米であればどんな悪逆非道であっても正義の味方に見えるというたぐいの劣化版「進歩主義者」なんじゃないですかね。なぜか丸山真男を崇拝しているみたいですが、丸山さんが天国で迷惑顔をしている姿が目に浮かびます。

「世に倦む日々」氏はこのサイトの主催者ではないか、と噂されてますね。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~MARUYAMA/

確かに丸山さんは戦後左翼の圧倒的な支持を受けていました。
でも丸山真男さんは1950年代の日米安保をめぐる政治状況からたまたま日本社会党など政治左翼を支持していただけであり、福澤諭吉同様に自由主義者であったように感じます。

小室直樹さんは丸山真男さんを支持していましたし、「右派」とされる人も丸山さんを尊敬している人は多い。
「世に倦む日々」氏にとって丸山さん支持は一種の政治的プロパガンダなんでしょうね。

 「世に倦む日々」氏はピケティ「資本とイデオロギー」が述べるところの「バラモン左翼」への恨みつらみを募らせた人の一人なのかもしれないですね。
「資本とイデオロギー」では「バラモン左翼」に失望した人々が右派、あるいは極右に吸い寄せられて欧米での政治的右翼、極右の伸長につながった事が述べられています。

アメリカで「バラモン左翼」に失望した人たちが支持している共和党はウクライナ支援中止を求めていますし、ハンガリーのバラモン左翼への失望から生まれたオルバン政権もウクライナ支援に消極的でロシアとも友好的ですね。

 「世に倦む日々」氏のロシア支持もこれらの流れと同じようなものなのでしょう。

「バラモン左翼に失望した人たち」を考える上で「世に倦む日々」氏は貴重な判断材料を与えてくれているのかもしれません。

実は、一昨日の夜に放送された「欲望の資本主義2024 ニッポンのカイシャと生産性の謎」では、私が何回も出てきて喋っているのですが、その合間合間に丸山真男の引用が挟み込まれていて、なかなかうまい作りになっていました。
特に、ジョブ型社会のストライキが取引のための威嚇であるのに対して、日本のストライキが忠誠と反逆のはざまで爆発する「反乱」であるというようなことを喋ったところに、丸山真男の台詞を持ってくるのは、文脈がみごとに決まっていましたね。

ヨニウム氏があの番組を見たかどうか知りませんが、見てたらますます鬱屈が増幅してでしょうな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2024年のキーワード:日本型職務給@『先見労務管理』 | トップページ | アメリカ労働省の労働者性判断規則 »