フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 今朝の朝日新聞「(フォーラム)60歳の崖」で二番煎じ茶 | トップページ | 山越誠司『学び直しで「リモート博士」 : 働きながら社会人大学院へ』 »

2023年11月27日 (月)

鎌田耕一・長谷川聡編『フリーランスの働き方と法』

2473004001 鎌田耕一・長谷川聡編『フリーランスの働き方と法―実態と課題解決の方向性』(日本法令)をお送りいただきました。ありがとうございます。

https://www.horei.co.jp/iec/products/view/3294.html

 令和6年施行のフリーランス新法を網羅!
働き方の特徴や現状を整理しながら、個別問題について掘り下げ、方施策のあるべき姿を提示する。
フリーランスとして働く人は年々増加していますが、労働関係法制の適用がなく、報酬や待遇、業務災害に対する保護が与えられていないことが問題となっています。
そこで、今年4月にフリーランスの保護を目的とした新法が成立しました。
本書は、フリーランスの実態と特徴を踏まえて問題点を整理し、新法を含むフリーランスに係る関係法令の適用について解説します。
また、個別の課題に関する法政策のあり方について検討します。

というわけで、フリーランス新法の解説は100頁ほどで、下記目次にあるように、実に様々な法的観点からこの問題を論じています。

第1部 フリーランスをめぐる法政策の現状
 第1章 フリーランス 働き方の特徴と課題
 第2章 フリーランス新法の目的と内容
第2部 フリーランス保護の個別的課題
 第1章 フリーランスの法的地位について~労働基準監督行政における課題と対応を中心に~
 第2章 フリーランスの契約と民法ルール
 第3章 フリーランスと経済法(独禁法・下請法・フリーランス新法)
 第4章 フリーランスの報酬の支払確保と最低報酬規制
 第5章 フリーランスの安全衛生政策
 第6章 労災保険特別加入・医療保険
 第7章 フリーランスに対するハラスメント防止とワーク・ライフ・バランスの実現に向けて
 第8章 プラットフォームとフリーランス保護
 第9章 フリーランスの仕事の喪失時における所得保障制度の構築に向けた課題
第3部 フリーランスの実態と課題 
 第1章 フリーランス・トラブル110番の活動から
 第2章 文化芸術分野におけるフリーランスの実態と課題
第4部 まとめ フリーランス保護の未来
 第1章 各章の概要と相互関係
 第2章 フリーランス保護の未来
第5部 資 料 

 

« 今朝の朝日新聞「(フォーラム)60歳の崖」で二番煎じ茶 | トップページ | 山越誠司『学び直しで「リモート博士」 : 働きながら社会人大学院へ』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今朝の朝日新聞「(フォーラム)60歳の崖」で二番煎じ茶 | トップページ | 山越誠司『学び直しで「リモート博士」 : 働きながら社会人大学院へ』 »