フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 神聖なる憎税同盟@『税務弘報』2023年9月号 | トップページ | 安眠練炭さんがツイ・・・じゃなくってXで拙著を書評 »

2023年8月 4日 (金)

品田知美他『離れていても家族』

1128sub1 品田知美・水無田気流・野田潤・高橋幸『離れていても家族』(亜紀書房)をお送りいただきました。

https://www.akishobo.com/book/detail.html?id=1128&st=1

〈「クレヨンしんちゃん」や「ちびまる子ちゃん」の家族はもういない。〉
父の不在、母のワンオペ育児と家事──。日本の家族の現実は過酷だ。
それでも多くの人が、「家族」を大切なものと考えている。

低い出生率と世界一進んだ高齢化、ひとり親世帯の貧困率の、さらには同姓を強いられる唯一の制度を持つ現代の日本の家族とはどのようなものなのか。
本書は、日本とイギリスの家族を調査、比較しながら、日本の家族の実相を探る。
---------
「ひとりでも生きられるようになってきた現代社会において、それでもなお人が〝家族〟を形成するのはなぜなのか?」
父が仕事で不在がちでも、ワンオペ育児と家事で女性たちが疲弊しても、意外にも今でも多くの人が、「家族」を大切なものと考えている。
---------
保守派が目論む自助を担う器ではなく、フェミニズムが忌避する女性を閉じ込める檻ではなく、一人ひとりが自由で、かつ頼り合える家族をどのように作ることができるのか。
社会学者たちが自らの体験を踏まえながら家族のこれからを語る。
《社会学者が分析する日本の家族の実像。日本の未来も、少子化対策も、ここからだ!》

品田さんの書かれたパートでは、日本の家族の特徴の一因をメンバーシップ型雇用に求めています。

 

 

« 神聖なる憎税同盟@『税務弘報』2023年9月号 | トップページ | 安眠練炭さんがツイ・・・じゃなくってXで拙著を書評 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神聖なる憎税同盟@『税務弘報』2023年9月号 | トップページ | 安眠練炭さんがツイ・・・じゃなくってXで拙著を書評 »