フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 岩井克人『経済学の宇宙』@労働新聞書評 | トップページ | ロバート・D・パットナム/ シェイリン・ロムニー・ギャレット 『上昇』 »

2023年7月27日 (木)

金井勇人『ビジネス必携 伝わる文章の裏ワザ・表ワザ』

F1c9681bb0aff68468a26c0e194db9e19b58e4f7 金井勇人『ビジネス必携 伝わる文章の裏ワザ・表ワザ』(経団連出版)をお送りいただきました。

https://www.keidanren-jigyoservice.or.jp/pub/cat9/098ce5bab0bdecef4be0e7c2ee17311bcd02b354.html

◆文章力を上げる、表現力を磨く
◆どこを、どう変えたらいいのか
◆読点(、)を移すだけでも、わかりやすくなる!?
 ビジネスを進めるうえでは、企画書や報告書、メール文など、さまざまな文章を日々、作成していますが、それら文章の果たすべきもっとも大きな役割は、正しく意図を伝えるということです。しかし実際は、何を言いたいのかわからない文章、なんとなく違和感を感じる言い回しなども少なくありません。普段、当たり前のように、「無意識に」使っている日本語ですが、その仕組みを学び、意識して用いることができれば、もっと魅力的な表現に高めていくことができます。
 たとえば、日本語の(丁寧体の)文末は「です」と「ます」しかなく、非常に単調になりがちです。また、過去のことを表すときには、「でした/ました」と、今度は「た」ばかり続いてしまいます。そうした制約の中で、いかに工夫して多彩さを出すかということが、書き手の腕の見せどころとなります。
 本書では、ビジネスで遭遇しうるさまざまな場面を素材に、まずルールを意識せずに書かれた文章をBeforeとして取り上げ、その短所を改善する方法を探るとともに、日本語のルールを活かして推敲された文章をAfterとして紹介します。ひと工夫を加えることで、より読みやすく、わかりやすい文章を作るコツを、日本語教育のエキスパートが伝授しますので、ご自身の書かれる文章に、すぐに応用いただけます。相手を引きつける話し方、正しい敬語など、実務に即したスキルも、多様な事例を用いて解説します。

本書の内容
1.文法
  「が」が連続すると読みにくい/「という」が必要なとき、不要なとき/
  そんなに単純ではない複数形「たち」
2.文の構造
  「ら抜き/さ入れ」は誤用?それとも合理的?/主語と述語が合っていない?/
  現実を語順に反映させる
3.敬語と丁寧さ
  ちょうどよいレベルの敬語とは?/謙譲語は何を高めて、何を低めるのか/
  丁寧語を使わないことのメリット/美化語は敬語なのに敬意を表していない!?
4.レトリックと表現効果
  促音・撥音・長音の表現効果/ひらがな・漢字・カタカナと、その印象/
  文章にアクセントをつける/隠喩や換喩で重層的に

 

 

 

« 岩井克人『経済学の宇宙』@労働新聞書評 | トップページ | ロバート・D・パットナム/ シェイリン・ロムニー・ギャレット 『上昇』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 岩井克人『経済学の宇宙』@労働新聞書評 | トップページ | ロバート・D・パットナム/ シェイリン・ロムニー・ギャレット 『上昇』 »