フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 『季刊労働法』2023年夏号は「ジョブ型」特集だが・・・ | トップページ | 労働力の商品化を否定し尽くすと労奴制が待っている件について »

2023年6月10日 (土)

明後日、EUはプラットフォーム労働指令案に合意するかも

95122d274a46855f193ccb599374c953800x 明後日に開催されるEUの労働社会相理事会には、提案から1年半ごしのプラットフォーム指令案について、スウェーデン議長国の妥協案が提示される予定ですが業界紙(EUObserver)によると、合意する可能性が結構高いようです。

https://euobserver.com/health-and-society/157130

After several failed attempts to reach a common position, the EU Council could finally reach an agreement on rules for so-called platform workers' at their ministerial meeting in Luxembourg on Monday (June 12).

The latest meeting of the committee of permanent representatives took place on Wednesday (June 7), but failed to forge a united front, so the ball is now in the ministers' court.

共通の立場に達する努力に何回も失敗した後、EUの閣僚理事会は遂に月曜日(6月12日)にルクセンブルクで開かれる閣僚会合においていわゆるプラットフォーム労働者のルールに関して合意に達するかもしれない(could)。

常任代表者委員会の最終会合は水曜日(6月7日)に開かれたが、統一した見解に他することには失敗し、ボールは今や大臣会合の場にある。

"Although a definitive agreement on the text has not been found in the committee of permanent representatives", reads the memo from the meeting, seen by EUobserver, "the presidency's efforts have attracted increasing support and there exists a widespread view that the text represents the centre of gravity between the diverging views of delegations".

「常任代表者委員会では条文に関して決定的な合意は見出し得なかったが」と、EUObserver紙が見た会議のメモは述べる、「議長国の努力はますます多くの支持を集めており、その条文案は代表者の様々な意見の間の重力の中心を代表しているとの広範な意見が存在している」

The disagreement between delegations is clear, but various diplomatic sources told EUobserver that although the balance is very "tight", an agreement could be reached in the employment, social policy, health, and consumer affairs council (EPSCO).

代表者間の意見の相違は明らかだが、様々な外交筋がEUObserver紙に語ったところによると、バランスは極めて「窮屈」だが、雇用社会政策健康消費者相理事会において合意に達するかもしれない(could)。

というわけで、「could」という未来についての過去形を使っているので、当たっても当たらなくても言い訳できる記事ではありますが、もしかしたら、明後日合意に達するかも知れないということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

« 『季刊労働法』2023年夏号は「ジョブ型」特集だが・・・ | トップページ | 労働力の商品化を否定し尽くすと労奴制が待っている件について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『季刊労働法』2023年夏号は「ジョブ型」特集だが・・・ | トップページ | 労働力の商品化を否定し尽くすと労奴制が待っている件について »