フォト
2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 川口美貴『労働法〔第7版〕』 | トップページ | これって労務納税か? »

2023年4月17日 (月)

鈴木恭子「労働に「将来」を読み込む思考はどう構築されたか」@『社会政策』第14巻第3号

620543 社会政策学会の学会誌『社会政策』の第14巻第3号に掲載されている投稿論文、鈴木恭子「労働に「将来」を読み込む思考はどう構築されたか:工場法制定過程におけるジェンダーの差異化」は、恐らく多くの読者にとって思いもよらぬ視角からの論文で、いくつも考えさせられる点を発見できるのではないかと思われます。

https://www.minervashobo.co.jp/book/b620543.html

【投稿論文】
労働に「将来」を読み込む思考はどう構築されたか:工場法制定過程におけるジェンダーの差異化 (鈴木恭子)

今日雇用労働におけるジェンダー格差の一つの原因となっている「人材活用の仕組みと運用」の背後に、「将来にわたる可能性を含む転勤・昇進の有無」といった「将来を読み込む思考」があると考え、この「思考」がどこで雇用労働に組み込まれたのかを遡っていって、工場法に至り着く、というまことに知的スリリングな論文です。

具体的に工場法のどこがどのようにというのは是非この論文を見て欲しいのですが、元になったイギリス等の工場法では、既婚女性が家を空けたため家庭が崩壊したじゃないか、女性を家庭に戻せ、というのが女子労働規制の根拠であったのに対して、日本の工場法では、未婚女性について将来一家の主婦となり母親となるのだからというのが規制根拠となったという大きな違いがあり、「ヨーロッパの丸写しのようなもの」(@渋沢栄一)といわれながら実は日本独特の思想をインストールするものであったという発見が語られています。

・・・日本の雇用におけるジェンダー平等を目指す上では、私たちがかつてインストールした「将来を読み込む思考」を解除し、現在の処遇から切り離していくことが重要な課題となる。また、そうした思考が女性の役割を本質主義的に捉えることに由来することを認識し、将来にわたる役割期待を根拠とする「コースの異質性」による人事管理が「性差別」であるということを、改めて申し立てていく必要がある。

 

 

 

 

« 川口美貴『労働法〔第7版〕』 | トップページ | これって労務納税か? »

コメント

> ジェンダー平等を目指す上では、私たちがかつてインストールした「将来を読み込む思考」を解除し、現在の処遇から切り離していくことが重要な課題

「将来を読み込む思考」が「ある(正規の)労働」と「ない(非正規の)労働」は同一な労働ではないから、待遇格差は合理的だ、という主張は結構、見られるような気がします

> どこで雇用労働に組み込まれたのかを遡っていって、工場法に至り着く

というのは、今まで、ほとんど指摘されて来なかった、ということですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 川口美貴『労働法〔第7版〕』 | トップページ | これって労務納税か? »