フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 脱成長論の家族介護型社会という帰結 | トップページ | 岡芹健夫『取締役の教科書〔第2版〕』 »

2023年4月27日 (木)

『Japan Labor Issues』Vol.7, No.43, May 2023

Jli_20230427095801 JILPTの英文誌『Japan Labor Issues』の5月号がアップされました。

https://www.jil.go.jp/english/jli/documents/2023/043-00.pdf

今回の記事は3本で、労働行政の仕組みに関わるものです。

 The Labor Policy Council: Functions of the Group Consultation in the Process of Forming Labor Policy in Japan SUWA Yasuo (Hosei University)
Examining Japan's Labor Standards Inspection Administration and Its Challenge from the Perspective of the Inspection Offices IKEYAMA Kiyoko (Kobe University)
Labor Tribunal Proceedings: The Paradigm Shift in Labor Dispute Resolution and its Future Challenges ASANO Takahiro (Hokkai-Gakuen University and attorney at law)

一つ目は諏訪康雄さんによる労働政策審議会、二つ目は池山聖子さんによる労働基準監督署、三つ目は浅野高宏さんによる労働審判で、元論文は『日本労働研究雑誌』の2021年6月号に載ったものです。

https://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2021/06/index.html

判例紹介は、細川良さんによる例の専修大学事件です。

 Is a Part-time Instructor Whose Role is Exclusively to Teach University Language Classes a "Researcher"?
The Senshu University (Conversion of a Fixed-Term Labor Contract to an Indefinite-term Labor Contract) Case HOSOKAWA Ryo (Aoyama Gakuin University)

 

 

« 脱成長論の家族介護型社会という帰結 | トップページ | 岡芹健夫『取締役の教科書〔第2版〕』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 脱成長論の家族介護型社会という帰結 | トップページ | 岡芹健夫『取締役の教科書〔第2版〕』 »