フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 山川隆一『労働紛争処理法 <第2版>』 | トップページ | ロシアで流行る陰謀論 »

2023年2月18日 (土)

Are Japanese wages not increasing because of “the misfortunes of virtue”?

Djweb_75_eco_03_pic01 英語と中国語で海外に日本の議論を発信する「Discuss Japan — Japan Foreign Policy Forum」というサイトがあります。そこに、『世界』1月号に載せたわたくしの「日本の賃金が上がらないのは『美徳の不幸』ゆえか?」の英文版が掲載されました。

https://www.japanpolicyforum.jp/economy/pt2023021723213812947.html

At a time when inflation was the greatest macroeconomic problem in 1970s, the mode of trade unions refraining from wage increase was truly a virtue. But this noble act became the weakness of the trade unions, and the virtue became the “misfortune of virtue.”

『世界』の論文を読まれた方にとっては、それが英文でどのように表現されているかも興味深いかも知れません。

The oil crisis success backfired

The cause of “cheap Japan” is criticism of “expensive Japan”

Misconceptions about productivity

So, what to do?

 

 

 

« 山川隆一『労働紛争処理法 <第2版>』 | トップページ | ロシアで流行る陰謀論 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山川隆一『労働紛争処理法 <第2版>』 | トップページ | ロシアで流行る陰謀論 »