フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 『よくわかる!労働判例ポイント解説集 第2版』 | トップページ | 医師の長時間労働規制と需給推計@WEB労政時報 »

2023年1月17日 (火)

フリーランスの性的指向差別にEU司法裁判決

去る1月12日付で、EU司法裁判所が一般均等指令の解釈において、フリーランスを性的指向を理由に契約更新しないことも指令違反であるという判決を下したようです。

https://curia.europa.eu/juris/document/document.jsf?text=&docid=269149&pageIndex=0&doclang=EN&mode=lst&dir=&occ=first&part=1&cid=87100

原告のJKさんはポーランドの国営テレビ局でフリーランスとして働いていたのですが、自分の同性カップルとのミュージックビデオをYoutubeにアップしたところ、契約を更新しないと言われたので訴え出たという事案です。

Article 3(1)(a) and (c) of Council Directive 2000/78/EC of 27 November 2000 establishing a general framework for equal treatment in employment and occupation

must be interpreted as precluding national legislation which has the effect of excluding, on the basis of the freedom of choice of contracting parties, from the protection against discrimination to be conferred by that directive, the refusal, based on the sexual orientation of a person, to conclude or renew with that person a contract concerning the performance of specific work by that person in the context of the pursuit of a self-employed activity.

一般均等指令の関係条文は、自営業活動として特定の作業を遂行する契約にも適用される、と結論づけています。

 

« 『よくわかる!労働判例ポイント解説集 第2版』 | トップページ | 医師の長時間労働規制と需給推計@WEB労政時報 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『よくわかる!労働判例ポイント解説集 第2版』 | トップページ | 医師の長時間労働規制と需給推計@WEB労政時報 »