フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 経済学部の職業的レリバンス(再々の再掲) | トップページ | 障害者雇用代行業をどこまで非難できるのか? »

2023年1月10日 (火)

2023年のキーワード:フリーランス新法@『先見労務管理』2023年1月10日号

Senken_20230110125001 『先見労務管理』2023年1月10日号に「2023年のキーワード:フリーランス新法」を寄稿しました。

https://senken.chosakai.ne.jp/

2023年がはじまりました。新年最初の特集は毎年恒例となりました、年間のキーワードを押さえます。本年は①フリーランス新法、②カスハラ、③不正競争防止法、④賃金のデジタル払い――の4つのキーワードについて、それぞれ識者の方々に解説いただきました。

でも、この4つのキーワードのうち、最初の奴は存在しないものなんですね。

 今回のキーワードはいささか異例である。タイトルの「フリーランス新法」なるものは現時点で存在しないし、法案すら国会に提出されていない。実は、編集部から執筆依頼を受けた時点では、昨年秋の臨時国会に法案が提出され、成立しているものと見込まれていたのだ。ところがその予定が狂ってしまったため、提出されるはずだった法案の中身を説明するという、やや異例の事態になったというわけである。

フリーランス新法の予告とパブリックコメント

フリーランスに係る取引適正化のための法制度

条件明示義務

解約・不更新の予告

募集情報の的確性

報酬の支払期日

事業者の禁止行為

ハラスメントとワークライフバランス

行政措置

 

 

 

« 経済学部の職業的レリバンス(再々の再掲) | トップページ | 障害者雇用代行業をどこまで非難できるのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 経済学部の職業的レリバンス(再々の再掲) | トップページ | 障害者雇用代行業をどこまで非難できるのか? »