フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 労働政策フォーラム 日本の人事制度・賃金制度「改革」 | トップページ | これは面白そう »

2023年1月19日 (木)

はじめは東京職工学校だったんだが

東京工業大学と東京医科歯科大学が合併して東京科学大学とやらになるそうですが、英訳すると東京理科大学と変わりがなくなるというのを別にしても、そもそもの出発点からするとだいぶ趣が変わりますな。

そもそも東京理科大学の源流が夏目漱石の坊ちゃんが通っていた東京物理学校であったのに対し、東京工業大学の源流は東京職工学校であって、サイエンスというより職業訓練機関だったはず。

11021851_5bdc1e379a12a_20230119134901 1 戦前の実業教育

(1) 実業教育の始まり

 日本の実業教育制度は、1872年の学制において中学の一種として工業学校、商業学校及び農業学校が規定されたことに始まるが、実際の産業教育は工部省工学寮(後の東京帝国大学工学部)や駒場農学校(後の東京帝国大学農学部)で行われた。1880年には教育令改正により小学校、中学校、大学校、師範学校、専門学校と並んで、農学校、商業学校及び職工学校が位置づけられた。農学校は「農耕ノ学業ヲ授クル所」、商業学校は「商売ノ学業ヲ授クル所」、職工学校は「百工ノ職芸ヲ授クル所」である。
 これに基づき1881年には東京職工学校が設立された。その目的は、細民子弟の教育、年期徒弟教育の是正と近代的職工教育の充実、工業経営者の憑式、全国職工学校の教員養成にあったが、結局職工長、製造所長の養成が目的となり、1890年には東京工業学校、1901年には東京高等工業学校、1929年には東京工業大学へと昇格していき、細民教育はどこかへ行ってしまった。ちなみに一橋大学の出発点は1875年森有礼が設立した商法講習所であり、1884年東京商業学校、1887年東京高等商業学校、1920年には東京商科大学へと昇格していった。これらは高等教育レベルの職業教育機関である。

 

 

« 労働政策フォーラム 日本の人事制度・賃金制度「改革」 | トップページ | これは面白そう »

コメント

 元職業訓練の学校だった、と言う事であれば東京科学技術大学と名乗れなかったのかな、と思ったら東京都立科学技術大学がかつてあったのですね。
国立大学では東京商船大学と東京水産大学が統合して東京海洋大学になっています。
東京科学技術大学と名乗れないので東京海洋大学の経緯を参照して東京科学大学にしたのでしょうか。
しかし早くも「Fラン大学みたいだ」なんて悪評が出ているそうです(^^;
であれば東京科学大学はやめて素直に東京工業医科大学で良いのではないでしょうか。

hamachan先生の主張を踏まえまして東京科学大学に代わる名前を逆提案します。

「東京自然科学大学」

こういう事です。
「私たちの大学はいわゆる自然科学を生涯の仕事として選んだ職業人を要請する大学です。文学、哲学、心理学などの研究者を目指す人しか眼中にない人文科学系の学部、あるいは経済学、法学、社会学のような職業レリバンスの疑わしく、日本のガラパゴス雇用形態であるメンバーシップ型雇用でなければ通用しない社会科学系の学部なんぞに用はない!

東京自然科学大学はこれから日本でも当たり前になるジョブ型雇用で生き残れる高度な専門知識を有する自然科学系の知的な高度職業人を育てる大学です!
東京大学、早慶上智なんか蹴飛ばせ1
志ある学生の皆さん、来たれ 東京自然科学大学へ!」

このくらいの勇ましさを期待したいです。
・・・ジョークめかしてますが、結構本気です。

行った同窓生は「東工大は工場長を養成する学校」って言ってましたね。

工大は昔は、技術に密着していて、作家の中島京子さんの確かひいお爺さんが滋賀重烈氏で、蔵前時代の教授。
実用的な建築ーいわゆる戸建ーの設計で「あめりか屋」という会社をのちにやっています。滋賀氏のパートナーが宮本百合子の父親。製陶や紡織も教える学校でした。だから、戦前の旧制大時代でも東京帝大からは格下扱いされたりしましたね。『イトウの恋』で、作者を性別だけ置き換えたような人が出てきて先祖について語っています。

戦後も旧制高校出身者と地方の高等工業出身者(典型が吉本隆明=米沢高等工業出身、昭和22電気化学卒、でしょう)との仲がしっくりいかないと言われたりしています。

記事とはあまり関係のないコメントで申し訳ありませんが、
東京工業大学は、英語名が日本の大学では珍しく "university" ではなく "institute" ですが、合併して医学部や歯学部を含むようになると、さすがに "institute" ではなく "university" になるのでしょうか?

これもあまり関係のないコメントです。
私は文系の学者の評価は全くできないのですが、東京工業大学には(私でも名前を知っている)有名な文系の学者が所属している(いた)と思います(江藤 淳 とか 東 浩紀 とか 中島 岳志 とか)

balthazar殿

>しかし早くも「Fラン大学みたいだ」なんて悪評が出ているそうです

私は水戸黄門のファンなので、名前はいかにもFラン大学だが実態はとんでもなく凄い(羊の皮をかぶった狼) という方がかっこいいと思います。


>であれば東京科学大学はやめて素直に東京工業医科大学で良いのではないでしょうか。

この名前では歯学部が反対するかもしれません(東京医科<歯科>大学です!) もっと素直に 東京工業医科歯科大学 ではどうでしょうか( 三菱東京UFJ銀行 のような名前ですが)


>東京自然科学大学はこれから日本でも当たり前になるジョブ型雇用で生き残れる高度な専門知識を有する自然科学系の知的な高度職業人を育てる大学です!

私が大学にいた頃、先生(数学科出身)に雑談で
  文学部で教育を受ける事とすぐれた文学作品を生む事はあまり関係がないように思えますが
  それでも大学に文学部は必要でしょうか?
と話した事があります。それに対して先生は
  それより私は国立大学になぜ工学部があるか分かりません。
  あんなものは新しい技術で金儲けをしたい人がお金を出し合って作れば良いので、
  国のお金で個人の金儲けの手伝いをする必要はありません。
と仰いました。
フェルマー予想が提唱されてから何百年か経って証明された時
  これで宇宙人が地球に来ても恥をかかずに済む
と言った数学者がいたそうです。このような言わば人類の名誉のための学問を研究している人にとっては世俗の事は興味がないのかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 労働政策フォーラム 日本の人事制度・賃金制度「改革」 | トップページ | これは面白そう »