フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 日本型職務給とはスキル給? | トップページ | 欧州労連が職場のアルゴリズム指令を要求 »

2023年1月25日 (水)

「ぬるま湯的な状況だった」 春闘で労組幹部から相次ぐ反省の弁@毎日新聞

今朝の毎日新聞の2面に春闘関連のでかい記事が載っていますが、

https://mainichi.jp/articles/20230123/k00/00m/040/258000c(「ぬるま湯的な状況だった」 春闘で労組幹部から相次ぐ反省の弁)

9_20230125102801 主要企業の労使の代表者などが集まる経団連の労使フォーラムが24日、東京都内で開かれ、2023年春闘の労使交渉が本格化した。今年の春闘で1995年以来の高い要求を掲げる連合だが、その内部から「これまでの春闘はぬるま湯的な状況だった」(幹部)など、過去を反省する言葉が漏れ伝わってくる。連合内部でいったい何が起きているのだろうか――。・・・

記事の後ろの方には私もちらりと出てきます。喋っているのは、『世界』1月号に書いたようなことです。

 

 

« 日本型職務給とはスキル給? | トップページ | 欧州労連が職場のアルゴリズム指令を要求 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本型職務給とはスキル給? | トップページ | 欧州労連が職場のアルゴリズム指令を要求 »