フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ブルシット・ジョブもジョブ型のジョブ | トップページ | ソフトスキルの過小評価、過大評価 »

2023年1月14日 (土)

Jobs vs. membership: Making sense of Japan's system of employment @ The Japan Times

Np_file_203350 英字紙「The Japan Times」に、「Jobs vs. membership: Making sense of Japan's system of employment」という記事が載ったようです。

https://www.japantimes.co.jp/news/2023/01/12/national/jobs-membership-work/

Anyone hoping to understand the fundamentals of Japanese employment law could do worse than to read attorney Keiichiro Hamaguchi’s 2021 book “What is a ‘Job-type’ Employment Society?” (Jobu-gata koyō shakai to wa nani ka) or his 2009 book “The New Labor Society — Rebuilding the Employment System” (Atarashii rōdō shakai — koyō shisutemu no sai kōchiku e).

Colin Jonesさんが書かれたこの記事、上記拙著2冊を的確に外国人向けに要約していただいているのですが、実はわたくしの属性について誤解されておりまして、わたくしは「attorney」ではないのです。

実に手際よく日本独特のメンバーシップ型を解説していく中で、「oxymoronic」という知らない単語が出てきました。例文は以下の通り。意味わかりますか?管理職組合という言葉につけられた形容詞です。

This may explain why most Japanese unions represent groups of employees of different types rather than specific trades, though there are vaguely oxymoronic management unions (as Hamaguchi points out, “manager” is itself a largely meaningless term in Japan, since virtually anyone who stays in a membership job long enough will become one).

記事の最後のセリフが実にかっこいいものだったのでそれも引用しておきますね。

Hamaguchi’s descriptions of employment in Japan are lucid, succinct and witty. While he points out possible technical fixes for specific issues along the way, he does not close with any recommended “big pictures” solutions.

Perhaps there aren’t any.

 

 

 

 

 

« ブルシット・ジョブもジョブ型のジョブ | トップページ | ソフトスキルの過小評価、過大評価 »

コメント

間違いをして申し訳ありませんでした。

訂正ができるかどうか、新聞社に問い合わせてみます。

さっそく対応いただきありがとうございます。

「attorney」が「 employment law expert」と修正されておりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルシット・ジョブもジョブ型のジョブ | トップページ | ソフトスキルの過小評価、過大評価 »