フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 東京の最低賃金1,072円@『労務事情』12月1日号 | トップページ | ジョブ型雇用社会とは何か─ 日本人が抱く誤解と企業に求める覚悟 ─@『改革者』12月号 »

2022年12月 1日 (木)

柴原多,湯川雄介,根本剛史『誇れる会社であるために 戦略としてのCSR』

41ca9ew17l_sx343_bo1204203200_ 柴原多,湯川雄介,根本剛史『誇れる会社であるために 戦略としてのCSR』(クロスメディア)をお送りいただきました。

企業は利益追求のための組織であると同時に、社会の中で果たすべき責任もある。従来、人権問題や環境問題といったCSR課題への対応は利益と矛盾するものと捉えられてきた。
しかし今、消費者は社会問題への取り組みを企業に求め、投資家にとってもCSR対応は出資先を選ぶ要件となりつつある。もう、どんな企業も避けては通れない課題だ。
本書では、国内・海外で企業案件を請け負う弁護士3名が、CSRがなぜ必要で、何をどのように対応すればいいのかを説く。

人権デュー・ディリジェンスだの、ダイバーシティ&インクルージョンだの、なんだかよく分からないうるさい話が増えたとお考えの皆さまに、いやいやCSRってのは「善行」なんかじゃないんだよ、うかつに軽視するとリアルなリスクが待っているんだよ、と説き聞かせるような本です。

 

 

 

« 東京の最低賃金1,072円@『労務事情』12月1日号 | トップページ | ジョブ型雇用社会とは何か─ 日本人が抱く誤解と企業に求める覚悟 ─@『改革者』12月号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京の最低賃金1,072円@『労務事情』12月1日号 | トップページ | ジョブ型雇用社会とは何か─ 日本人が抱く誤解と企業に求める覚悟 ─@『改革者』12月号 »