フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 岸田首相の深慮遠謀? | トップページ | 荒木尚志『労働法 第5版』 »

2022年12月16日 (金)

熊谷謙一『SDGs実現へ、新しいステップ』

Image_20221216201801 熊谷謙一さんの『SDGs実現へ、新しいステップ ~労使の役割と現代CSRの活用~ 』(日本生産性本部労働情報センター)をお送りいただきました。

https://bookstore.jpc-net.jp/detail/books/goods004065.html

SDGsは2015年のスタートから2030年のゴールに向けて折り返し点を迎え、これまでの共感と理解の段階から、実践と達成へのステップへの移行が求められている。いま求められていることは、社会の核となる組織での取り組みの質的な強化である。とりわけ、企業と労働組合は、市民組織と連携しながら、具体的な活動を強化し、その本気度を社会に示していかなければならない。
幹部がバッジを付ける、CSR報告書やサスティナビリティレポートで一通り紹介するような活動は切り替える必要がある。本書はそのような考えから、労使の職場リーダーなどを対象に、SDGsの背景、構成と内容、推進のメカニズム、企業での実践を解説し、実現に向けての取組みを提案している。

冒頭、企業でCSR担当課長になった佐藤二朗さん(比企能員ではない)、労働組合支部長の高橋芳恵さん、NGOスタッフの加藤伸介さんが登場し、それぞれの立場からSDGsってなんだろうと考え始めるところから始まります。

PART1:SDGsを理解する    
第1章 今ある危機から人と地球を守る
第2章 SDGsはこのように生まれた
第3章 SDGsのねらいと内容をつかむ
第4章 SDGsはどう推進されているか
第5章 海外のSDGsこんな取り組みが

PART2:SDGsを実践する
第6章 労使による実践を推進する
第7章 「ビジネスと人権」の取組み
第8章 ESG投資の活用と課題とは
第9章 現代CSRを基盤にSDGsを実現

 

« 岸田首相の深慮遠謀? | トップページ | 荒木尚志『労働法 第5版』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 岸田首相の深慮遠謀? | トップページ | 荒木尚志『労働法 第5版』 »