フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 日本型雇用が残した負の遺産@『WORKS』175号 | トップページ | 『季刊労働法』279号(2022年冬号) »

2022年12月 9日 (金)

EUのプラットフォーム指令案に閣僚理事会合意ならず

Marianjureka_20221110 昨日から今日にかけて開かれているEUの雇用社会相理事会で、プラットフォーム労働指令案に対する議長国の妥協案に合意はならなかったようです。

https://www.consilium.europa.eu/en/meetings/epsco/2022/12/08/

Despite negotiations that continued throughout the day and several attempts of the presidency to present a compromise there was no qualified majority in support of a general approach.

一日中交渉が続けられ、議長国の妥協案が何回も試みられたにもかかわらず、一般的アプローチに特定多数の支持は得られなかった。

Better working conditions for food delivery workers, ride-hailing drivers and all those who work through a digital platform are a must. The platform economy is a booming sector and we need to make sure that people performing platform work have the employment position they deserve.

Marian Jurečka, deputy prime minister and minister of labour and social affairs

フードデリバリー労働者やライドシェアリングのドライバーなど、デジタルプラットフォームを通じて就労するすべての人々によりよい労働条件を確保しなければならない。プラットフォーム経済は勃興する分野であり、我々はプラットフォーム労働を遂行する人々がそれにふさわしい雇用上の地位を持てるように確保する必要がある。

 

 

 

« 日本型雇用が残した負の遺産@『WORKS』175号 | トップページ | 『季刊労働法』279号(2022年冬号) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本型雇用が残した負の遺産@『WORKS』175号 | トップページ | 『季刊労働法』279号(2022年冬号) »