フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 家政婦(派出婦)は女中ではない・・・・はずなのに | トップページ | ジョブ型・メンバーシップ型とプログラマー »

2022年10月11日 (火)

公立学校教師の労働時間をめぐる判決の矛盾@WEB労政時報

WEB労政時報に「公立学校教師の労働時間をめぐる判決の矛盾」を寄稿しました。

 公立学校の教師の労働時間問題に関しては、もう3年近く前になりますが、2019年12月24日付けの本欄で取り上げたことがあります。
 そこでその経緯を若干詳しく解説した「公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法」(=給特法)をめぐって、昨年から今年にかけて世間の注目を集めた判決が出ました。埼玉県の私立小学校の教師であった原告は、時間外労働に対する割増賃金の支払を求めて訴えた埼玉県事件でした。さいたま地裁の判決が2021年10月1日、東京高裁の控訴審判決が2022年8月25日に出され、現在最高裁に上告中です。
 この事件では、原告側の理屈の立て方がひとひねりされていました。・・・・

 

« 家政婦(派出婦)は女中ではない・・・・はずなのに | トップページ | ジョブ型・メンバーシップ型とプログラマー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 家政婦(派出婦)は女中ではない・・・・はずなのに | トップページ | ジョブ型・メンバーシップ型とプログラマー »