フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 山本陽大『 解雇の金銭解決制度に関する研究』が日本労働法学会奨励賞を受賞 | トップページ | 『法の支配』2022年10月号 »

2022年10月30日 (日)

篠田徹・上林陽治編著『格差に挑む自治体労働政策』

08913 篠田徹・上林陽治編著『格差に挑む自治体労働政策 就労支援、地域雇用、公契約、公共調達』(日本評論社)をお送りいただきました。

https://www.nippyo.co.jp/shop/book/8913.html

格差や貧困など社会の危機に、良質な事業者を育成し、働く人を下支えして誇りを回復するという視点からの自治体労働政策を考察。

上林陽治さんから今回お送りいただいた本書は、非正規公務員の話ではなく、副題にあるように、就労支援、地域雇用、公契約、公共調達といった自治体独自の労働政策の試みを集約したものです。出発点は、2017年に韓国のソウル市で開催された「ディーセントワークを目指す都市国際フォーラム」で、当時のソウル市の取り組みに触発されながら、日本の各地で行われている様々な動きを紹介しています。

序 地方自治体と労働政策――三つの役割・五つの視点……上林陽治
________________________

第一部 就労支援政策
________________________

第一章 働くことを通じた自立支援 その意味……櫻井純理

第二章 自治体就労支援政策の意義と課題――豊中市の事例……櫻井純理

第三章 自尊感情の回復と中間的就労――釧路市の生活保護自立支援プログラムの取り組み……正木浩司

第四章 「標準」に達することを求めない――秋田県藤里町社会福祉協議会の「活躍支援」という実践……上林陽治

________________________

第二部 地域雇用政策
________________________

第五章 地域就労支援から地域労働市場への対応――豊中市の実践にみる地方版ハローワークの可能性……正木浩司

第六章 グローバル資本主義に対抗する支え合いの経済……原田晃樹

________________________

第三部 公契約・公共調達
________________________

第七章 社会的価値を反映させた公共調達(付帯的政策)の可能性――英国自治体の取り組みからの示唆……原田晃樹

第八章 入札を活用した政策実現――公契約の適正化と政策目的型入札改革……野口鉄平

第九章 公契約条例がめざすもの――制定条例の現状と課題から考える……野口鉄平

第一〇章 公契約条例の実務と理論……斉藤徹史

終章 地域の労働政策・雇用政策を考える――「繋がり支え合って働ける社会」をつくるために……篠田 徹
 

 

 

« 山本陽大『 解雇の金銭解決制度に関する研究』が日本労働法学会奨励賞を受賞 | トップページ | 『法の支配』2022年10月号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山本陽大『 解雇の金銭解決制度に関する研究』が日本労働法学会奨励賞を受賞 | トップページ | 『法の支配』2022年10月号 »