フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 古川景一・川口美貴『新版 労働協約と地域的拡張適用 ― 理論と実践の架橋』 | トップページ | 国家基本問題研究所での講演概要 »

2022年9月 9日 (金)

『労働法律旬報』No.2015

612404 たまたまでしょうが、古川・川口の『新版 労働協約と地域的拡張適用』が届いた日に、同じネタの国際比較の特集が載っている『労働法律旬報』も届きました。

https://www.junposha.com/book/b612404.html

[特集]労組法18条の地域的一般的拘束力に関する国際比較
労働協約の地域的拡張適用の国際比較の意義=浜村 彰…………06
フランスにおける労働協約の拡張適用制度=細川 良…………08
ドイツは一般的拘束力宣言制度の改革に成功したのか?―使用者団体の認識にみる、なおも残された課題=後藤 究…………19

連合総研から長崎県立大学に移った後藤究さんのドイツの論文は、一ひねりも二ひねりもしたもので、ドイツで一般的拘束力制度はほとんど活用されていないという実情を語っています。

 

 

 

 

« 古川景一・川口美貴『新版 労働協約と地域的拡張適用 ― 理論と実践の架橋』 | トップページ | 国家基本問題研究所での講演概要 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 古川景一・川口美貴『新版 労働協約と地域的拡張適用 ― 理論と実践の架橋』 | トップページ | 国家基本問題研究所での講演概要 »