フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 医療界もメンバーシップ型へ?? | トップページ | ジョブ型雇用の誤解とメンバーシップ型雇用の矛盾@『北陸経済研究』6月号 »

2022年5月25日 (水)

そのニッパーダイはどのニッパーダイ?

Uaz8y5opeyo8kq0y5wtk_400x400 藤原正樹さんにいきなり振られたのがニッパーダイなんですが、

https://twitter.com/proofreader2010/status/1529459590664196096

しかし、岩波新書で今野元が登場した時、労働法界隈が何も言わないのは意外だった。ニッパーダイにドイツで師事した花見忠はもう老齢だったが、濱口桂一郎・現研究所長からも言及なかったような。

いや確かに今野元さんのヴェーバー本もドイツナショナリズム本も面白く読んだのですが、基本的には別の畑のお話と思っていたので、いきなり「労働法界隈が何も言わないのは意外」と言われるとびっくりします。何か言うネタがあるんだろうか、と思ったら故花見忠さんがニッパーダイに師事した云々というのを見て、これはもしかしたら労働法学者のハンス・ニッパーダイと、歴史家のトマス・ニッパーダイが混線しているのかもしれません。

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/4641043108

A.フック,H.C.ニッパーダイ 『労働法講義 第2巻/第1分冊 -- 集団的労働法・総則・労働組合』有斐閣

https://www.hakusuisha.co.jp/book/b555673.html

トーマス・ニッパーダイ 『ドイツ史 1800-1866』白水社

« 医療界もメンバーシップ型へ?? | トップページ | ジョブ型雇用の誤解とメンバーシップ型雇用の矛盾@『北陸経済研究』6月号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 医療界もメンバーシップ型へ?? | トップページ | ジョブ型雇用の誤解とメンバーシップ型雇用の矛盾@『北陸経済研究』6月号 »