フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 須田敏子・森田充『持続的成長をもたらす戦略人事』 | トップページ | 水町勇一郎『労働法第9版』 »

2022年3月14日 (月)

『季刊労働法』2022年春号の読みどころ

276_h1_20220314165901 『季刊労働法』2022年春号が届きました。

特集の「労働と人権」、あるいはデューディリジェンスについて、いろんな観点から文章が書かれています。このうち、

EU におけるデューディリジェンスの義務化に関する政策動向 在欧日系ビジネス協議会(JBCE)CSR委員会委員長 木下 由香子

は、残念ながら先月23日に提案された欧州委員会のDD指令案は時間切れで盛り込めなかったようですが、そこに至る過去10年以上にわたる動向を細かく解説してくれており、大変参考になります。

ちなみに、そのEUのDD指令案については、もうすぐ『労基旬報』3月25日号に「EUのデューディリジェンス指令案がついに提案」を載せます。

特別加入の特集では、

フリーランス・トラブル110番(厚労省委託)の意義 森・濱田松本法律事務所 シニア・アソシエイト弁護士 森田 茉莉子

が、具体的な相談事例なども取り上げつつその意義と限界を論じています。

 

 

 

 

 

« 須田敏子・森田充『持続的成長をもたらす戦略人事』 | トップページ | 水町勇一郎『労働法第9版』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 須田敏子・森田充『持続的成長をもたらす戦略人事』 | トップページ | 水町勇一郎『労働法第9版』 »