フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 事業を開始した受給資格者等に係る受給期間の特例 | トップページ | メンバーシップ型社会の量子力学的構造(改題の上再掲) »

2022年1月15日 (土)

スペインでプラットフォーム労働者の労働協約締結

Luzrodriguez115x115 久しぶりにソーシャル・ヨーロッパの記事から。筆者はラマンチャ大学の労働法の先生でロドリゲスさんという方。

https://socialeurope.eu/first-agreement-for-platform-workers-in-spain(First collective agreement for platform workers in Spain)

2020年9月にスペインの最高裁がプラットフォーム労働者を自営業者ではなく雇用労働者であると判決したことがもとになって、2021年に雇用契約を推定するライダー法が制定されており、今回の労働協約につながったということのようです。

スペイン語の原典に当たってないのでセコハン情報ですが、なかなか面白いのは、

Their annual wage is set in the agreement at €15,232, or €1,270 per month, to which supplements will have to be added for working at night or on holidays or for mileage if a worker uses their own vehicle.

年収約1万5千ユーロ、月収1270ユーロの保障給

Also according to the new agreement, platform workers will have a maximum working time of nine hours per day. Two uninterrupted days of rest a week must be respected, including one Sunday per quarter, in addition to a guaranteed 30 days holiday per year. 

1日9時間の上限に加えて、週休、さらに30日の年休。

The mobile phone used by a worker to connect to the application must be provided by the platform, as well as all other work tools (vehicle and food box). If a vehicle is the worker’s own, then the platform must pay corresponding compensation. The costs of the tools are thus to be assumed by the platform, not the worker as in most countries.

携帯電話はプラットフォームが提供しろとか、車が労働者の自家用車ならその費用をプラットフォームが負担しろとか、なかなかウーバーらにとっては厳しい内容ですね。

Those riders visible on the streets of Spain will now be workers who have rights.

スペインの道路で目にするライダーたちは、いまや権利を有する労働者なのだ。

 

 

 

« 事業を開始した受給資格者等に係る受給期間の特例 | トップページ | メンバーシップ型社会の量子力学的構造(改題の上再掲) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 事業を開始した受給資格者等に係る受給期間の特例 | トップページ | メンバーシップ型社会の量子力学的構造(改題の上再掲) »