フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 井手英策編『壁を壊すケア』 | トップページ | 日経新聞「経済図書ベスト10」の第4位に »

2021年12月24日 (金)

山本陽大『解雇の金銭解決制度に関する研究』

Dismissal 山本陽大さんの『解雇の金銭解決制度に関する研究─その基礎と構造をめぐる日・独比較法的考察』(労働政策研究・研修機構)がクリスマスイブの日に上梓されました。

https://www.jil.go.jp/publication/sosho/dismissal/index.html

我が国における解雇の金銭解決制度の立法化をめぐる議論をドイツ法との比較で考察した学術的体系書
解雇の金銭解決制度というのは、どのような順序で、またどのような点に目配りをしながら議論すべきであるのか。制度導入をめぐる議論全体の"見取り図"を、主にドイツ法との比較検討から提示することを試みた1冊です。 

解雇に関する本は多いですが、意外にもその金銭解決制度について本格的に論じた本というのは、本書が嚆矢ではないでしょうか。

山本さんは土田道夫さんの下で「ドイツにおける解雇の金銭解決制度に関する研究」を『同志社法学』に書いたのが2010年で、2012年にJILPTに入ってからも、ドイツのさまざまな労働法政策の研究と並行して、報告書『ドイツにおける解雇の金銭解決制度―その法的構造と実態に関する調査研究』をまとめ、大内伸哉さんのプロジェクトに参加したりもしながら、博士論文を書き上げ、さらに加筆して本書となったわけで、中身は大変濃厚です。

序章
第1節 問題の所在
第2節 本書の構成
第1章 日本における政策・議論動向
第1節 序説
第2節 第一期:1975年~2000年代初頭
第3節 第二期:2001年~2003年
第4節 第三期:2004年~2007年
第5節 第四期:2012年~現在
第6節 小括
第2章 解雇規制の国際比較
第1節 序説
第2節 欧州諸国
第3節 アジア諸国
第4節 小括
第3章 ドイツ法における解雇の金銭解決
第1節 検討の順序
第2節 解雇規制の基本構造
第3節 解消判決制度(解雇制限法9条・10条)
第4節 解雇規制改革論:1970年代~2000年代初頭
第5節 解雇制限法1a条
第6節 裁判上の和解に基づく解雇の金銭解決
第7節 ドイツ法の総括
第4章 比較法的考察
第1節 解雇規制の基礎と構造
第2節 解雇の金銭解決制度をめぐる基礎理論
第3節 解雇の金銭解決制度の法的構造
第4節 集団的労使関係の位置付け
第5節 労働紛争解決システムとの関係
第6節 小括─ドイツ法からの示唆
終章
第1節 本書の要約
第2節 今後の研究課題 

何べんも推敲して出来上がった第3章は言うまでもありませんが、本書で注目したいものとしては、第1章の「日本における政策・議論動向」だけで50ページあり、ここをこれだけ的確にまとめたものも私の知る限りほかにないとおもぃますし、第2章の各国比較、第4章の比較法的考察も議論のレベルがすごいですよ。

ちょうどクリスマスイブにでたこともあり、年末年始のお供にちょうどいいのではないでしょうか。

 

 

 

« 井手英策編『壁を壊すケア』 | トップページ | 日経新聞「経済図書ベスト10」の第4位に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 井手英策編『壁を壊すケア』 | トップページ | 日経新聞「経済図書ベスト10」の第4位に »