フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« Nさんの連続短評 | トップページ | このままでは国家財政は破綻する@矢野康治 »

2021年10月10日 (日)

イタリアで反ワクチン右翼が首相府と労組を襲撃?

Italy これは労働法政策の応用問題でもありますね。イタリアで、職場におけるコロナ証明書の所持義務化に反対する右翼グループが首相府と労働組合(CGIL)を襲撃したようです。日本のメディアではCGILという名前までは見当たらないようですが、向こうのメディアでは結構大きく報じられています。

https://www.reuters.com/world/europe/italian-police-use-water-cannon-push-back-anti-vax-protesters-rome-2021-10-09/

Italian police used water cannon and tear gas on Saturday to push back hundreds of people, including neo-fascist activists, demonstrating in Rome against a government drive to make the COVID-19 "Green Pass" mandatory for all workers.

One group of protesters tried to break through police lines to reach Prime Minister Mario Draghi's city centre office, while a separate group tried to smash their way into the headquarters of Italy's main CGIL trade union.

ヨーロッパでも反ワクチン派はやたらに勢いがあるようですが、政府の政策に賛成した労働組合まで巻き添えを食らうようです。

CGIL, which has accepted the Green Pass system for workers, condemned the attack on its offices.

"The assault on CGIL's national headquarters is an act of fascist thuggery, an attack on democracy and on the world of work," its leader Maurizio Landini said in a statement. "No-one should think that they can return our country to its fascist past."

どういう政策かというと、

Under the pass system, any worker who fails to present a valid health certificate from Oct. 15 will be suspended with no pay, but they cannot be sacked.

コロナのワクチン接種ないし検査陰性の証明書がなければ労働者は10月15日から無給で出勤停止になりますが、解雇されるわけではないと。

 

 

 

« Nさんの連続短評 | トップページ | このままでは国家財政は破綻する@矢野康治 »

コメント

こういう、政府の施策に反対するのは、日本では左翼の方々で、労働組合もどちらかといえば人権に絡んで強制を反対する側に回りそうなものですが、イタリアでは違うのですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Nさんの連続短評 | トップページ | このままでは国家財政は破綻する@矢野康治 »