フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 春田吉備彦+全駐留軍労働組合中央本部『基地労働者から見た日本の「戦後」と「災後」と「今後」』 | トップページ | 日本における最近のAI政策@WEB労政時報 »

2021年9月28日 (火)

『ビジネス・レーバー・トレンド』2021年10月号

202110 『ビジネス・レーバー・トレンド』2021年10月号は「コロナ禍で女性が置かれた状況と課題」が特集です。

https://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2021/10/index.html

労働政策フォーラム
新型コロナによる女性雇用・生活への影響と支援のあり方
【研究報告1】コロナ禍での女性雇用――マクロ統計とミクロ統計の両面から
周 燕飛 JILPT客員研究員/日本女子大学 人間社会学部 教授
【研究報告2】コロナ禍のジェンダー格差
白波瀬 佐和子 東京大学大学院 人文社会系研究科 教授
【報告】コロナ下の女性への影響と課題について――「コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会」報告書より
矢野 正枝 内閣府 男女共同参画局 調査室長
【事例報告1】コロナ禍での生活困窮者の状況――もやいの活動から―
大西連 認定NPO法人 自立生活サポートセンター・もやい 理事長
【事例報告2】新型コロナによる非正規職女性への影響――横浜市男女共同参画センターの取り組みから
植野 ルナ 公益財団法人 横浜市男女共同参画推進協会 事業企画課 課長
【事例報告3】コロナ禍のひとり親支援――就労・生活支援の事例報告
赤石 千衣子 認定NPO法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ 理事長
【パネルディスカッション】コーディネーター:濱口 桂一郎JILPT 研究所長 

既に本ブログでも何回も紹介しているように、6月29日に開催した労働政策フォーラムの講演とパネルディスカッションの記録です。

Jilforum

濱口 パネルディスカッションを始めます。新型コロナと女性雇用という問題について、キーワードになるのはおそらく、周さんが報告のなかで紹介した「Shecession(シーセッション)」という言葉ではないかと思います。今回がシーセッションだとすると、十数年前のリーマン・ショックは「He-cession(ヒーセッション)」であり、それを象徴したのが、当時のもやいの湯浅誠さんが中心になって行った「年越し派遣村」で、若者から中高年までの主に男性が、日比谷公園にどやどやと入っていくというイメージでした。
 今回は、そういったまとまったイメージではないのですが、特に飲食サービス業などで働く不利な立場にある女性たちが、表から見えない形で不利益を被っている。この特定の業種の状況は世界共通かもしれませんが、同時に、日本の雇用のあり方や社会のあり方、男女の社会のあり方というものが、それを増幅させている面もあるのだろうと思います。
 そこで本日のパネルディスカッションの進め方ですが、まず、「なぜこんな事態になってしまったのか」について話し合いたいと思います。各パネリストからすでに報告がありましたが、「ここに問題がある」と、あらためてそこを追求するような形でお話しいただければと思います。では、シーセッションという言葉を日本に持ち込んだ周さんからお願いします。・・・

 

« 春田吉備彦+全駐留軍労働組合中央本部『基地労働者から見た日本の「戦後」と「災後」と「今後」』 | トップページ | 日本における最近のAI政策@WEB労政時報 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春田吉備彦+全駐留軍労働組合中央本部『基地労働者から見た日本の「戦後」と「災後」と「今後」』 | トップページ | 日本における最近のAI政策@WEB労政時報 »