フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 両方の旗を取られて・・・ | トップページ | 第一東京弁護士会 労働法制委員会『懲戒をめぐる諸問題と法律実務』 »

2021年9月15日 (水)

溝上憲文「いま求められるフリーランス保護の拡充」@『賃金事情』9月20日号

A20210920 『賃金事情』9月20日号に溝上憲文さんの「いま求められるフリーランス保護の拡充」が載っていまして、その中に私も登場しています。6月にJILPTのリサーチアイに書いたEUのプラットフォーム労働に関する第二次協議の内容の解説です。

https://www.e-sanro.net/magazine_jinji/chinginjijo/a20210920.html

https://www.jil.go.jp/researcheye/bn/066_210622.html

解説の後の感想めいた喋りとして、こんなことを喋っています。

「第2次協議は建前上、労使で話し合って協約を結びましょうというものだが、労働団体は早く指令案を出せと言っている。予定表ではEU委員会が指令案を今年12月までに作成し、立法府である欧州議会と閣僚理事会に提出することはほぼ確定だろう。立法府でどうなるかは分からないが、欧州議会は基本的に推進の方針だ。加盟国の政府代表で構成される閣僚理事会の協議では、結構揉めることも多い。ただし、いつも断固反対を唱え,議論の停滞を招いていたイギリスがEUを抜けたことで、物事が動きやすくなっているのが事実だ」

その他、フリーランス協会の平田茉莉さん、ウーバーイーツユニオン代理人の川上資人さんも登場しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 両方の旗を取られて・・・ | トップページ | 第一東京弁護士会 労働法制委員会『懲戒をめぐる諸問題と法律実務』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 両方の旗を取られて・・・ | トップページ | 第一東京弁護士会 労働法制委員会『懲戒をめぐる諸問題と法律実務』 »