フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今から予想される批判の諸類型 | トップページ | 『労働法律旬報』8月上旬号(No.1989)  »

2021年8月 9日 (月)

全部文庫になってる!

東大生協の必読書リスト、いかにも知的背伸びしてる風情が半世紀前と変わらないけど、よく見るとこれら全部文庫になってるんだな。

https://twitter.com/ut_ryuunen/status/1423864849679802372

E8kvwm3uuaigb6n

E8kvacbvgaavtie

私の記憶では、1970年代にはこのうち文庫に入っていたのはフロイトとウェーバーくらいだったはず。

 

 

« 今から予想される批判の諸類型 | トップページ | 『労働法律旬報』8月上旬号(No.1989)  »

コメント

必読書がみな文庫になっているというのは良い時代なのでしょうね。
私は、消化できた程度を別とすれば23冊中14冊読んだ記憶があります。
ただ、ゲーデルの文庫は、長い解説は理解可能ですが、短い本文は東大の理系学生でも理解できるのは1/3以下でしょう。(私は解説書を何冊か読んでようやく理解できました。)
今の学生さんが本当にこれだけ読みこなしているのであれば、デカンショの時代並みの教養レベルの高さです。
ただ実社会を理解する上では、ハマちゃん先生の新書本を数冊読む方がずっと意味があると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今から予想される批判の諸類型 | トップページ | 『労働法律旬報』8月上旬号(No.1989)  »