フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 松尾研のAI君に要約してもらいました | トップページ | ウーバーイーツも労災保険に特別加入@WEB労政時報 »

2021年8月30日 (月)

1人6万円のベーシックインカムで生活保護、児童手当、基礎年金を廃止

もちろん、世の中にはいろんなベーシックインカム論が溢れているわけですが、とはいえ現実政治の世界で、実現可能性のありそうな政策としてこれを打ち出しているのは、いうまでもなく日本維新の会のそれであって、どこぞの夢想家の「ぼくのかんがえたさいきょうのべーかむ」ではない。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/127670(<野党に問う>日本維新の会・片山虎之助共同代表インタビュー 「日本大改革プランを準備」)

「ピンチをチャンスに変える日本大改革プランを今準備している。それは可処分所得を倍増するため税制改革と社会保障改革、成長戦略を一体としたものだ。まず国民に1人6万円のベーシックインカムを保障する。それに伴い、生活保護や児童手当、基礎年金等を廃止する。働き方改革や徹底した行財政改革も行う」

こういう1人6万円ぽっちのベーシックインカムで生活保護、児童手当、基礎年金等々を廃止するというのが、今日ただいまリアリティのあるベーカム論なのであって、もっと寛大で多額のベーシックインカムを配るだけでなく、既存の社会保障もそのまま維持します、なんていうのは、脳内で玩んでいる分には構わないけど、リアルな政治的オルタナティブとして現実政治の世界に持ち出せるなんて思っているとしたらお花畑もいいところでしょう。

 

 

 

« 松尾研のAI君に要約してもらいました | トップページ | ウーバーイーツも労災保険に特別加入@WEB労政時報 »

コメント

>こういう1人6万円ぽっちのベーシックインカムで生活保護、児童手当、基礎年金等々を廃止するというのが、今日ただいまリアリティのあるベーカム論なのであって、

この記事に関して維新の会でベーシックインカムを含む政策に関係した代議士が以下のようにコメントしています。
https://twitter.com/fumi_fuji/status/1432317488784556036
東京新聞の片山虎之助共同代表のインタビュー記事。
片山代表がなんと答えたのかわからないけど、ベーシックインカムのところ、
  文字にすると誤解を生みそうな雑な記述だなあ。
  一応、維新の考え方を丁寧に書いたブログを貼っとくので、批判する前に読んでくださいませ。
https://fumitakefujita.com/activity/2769

・生活保護
  上のブログによると生活保護のうちベーシックインカムに置き換わるのは生活扶助(生活費部分)だけで、住宅扶助や医療扶助は(別途改革はするが)ベーシックインカムには統合されないそうです。家賃や病気になった時の心配はなくても月に6万円で生活するのは大変だと思いますが(2人で12万円なら何とかなる?)、生活保護と違ってベーシックインカムは働いて収入があっても減額されないので、こちらのほうが良いと思う人もいるかもしれません。

・児童手当
  1人1万5千円の児童手当が廃止されても1人6万円のベーシックインカムが貰えれば、親は喜ぶと思います。

・基礎年金
  基礎年金は20歳から60歳の40年間すべて保険料を納付して月額約6.5万円支給されるそうです。諸般の事情で保険料を納付できなかった期間があり満額(約6.5万円)支給されない人も多いと思うので、基礎年金が廃止されても6万円のベーシックインカムが貰えれば、喜ぶ人も多いと思います。


>既存の社会保障もそのまま維持します、なんていうのは、脳内で玩んでいる分には構わないけど、リアルな政治的オルタナティブとして現実政治の世界に持ち出せるなんて思っているとしたらお花畑もいいところでしょう。

上のブログでは維新の会のベーシックインカムについて
  例えば障がい者の支援などは千差万別なケアをしていかないといけません。これをすべてベーシックインカムに
  置き換えて、障害福祉サービスは自己責任でやってくださいなんて事実上不可能ですよね。
  維新の考えるベーシックインカムは、既存の現物支給の社会保障サービスである医療、介護、福祉、教育
  といったものは個別の改革は必要ではあるけれども基本的には据え置きする。
と述べています。つまり
  既存の社会保障のかなりの部分はそのまま維持します
という考えを脳内で玩んでいるだけでなく、リアルな政治的オルタナティブとして現実政治の世界に持ち出している維新の会は、お花畑もいいところなのでしょうか?

>Alberichさん

維新の人のブログを読んだけどあまりに話にならない内容だと思いました。


>満額(約6.5万円)支給されない人も多いと思うので、基礎年金が廃止されても6万円のベーシックインカムが貰えれば、喜ぶ人も多いと思います。

そりゃ年金払わずに貰える人は喜ぶでしょうけど払った人の人権はどうなるんです?
義務を果たしたか否かによらず平等というのは、不公平ではないですか。


>という考えを脳内で玩んでいるだけでなく、リアルな政治的オルタナティブとして現実政治の世界に持ち出している維新の会は、お花畑もいいところなのでしょうか?

その増える分の財源はどうすんですか?
消費税は8パーセントに減税、法人税減税、所得税もフラットにする(全階層で手取りを減らさない)と言っていますが。
おそらく資産税あたりを狙ってるんだろうけど、だったらちゃんと増税面も書けよ。と思いますね


>貰えれば、親は喜ぶと思います。
>収入があっても減額されないので、こちらのほうが良いと思う人もいるかもしれません。
>貰えれば、喜ぶ人も多いと思います。

その貰う分より税金が増える人は悲しむと思いますが?


低福祉高負担というのはないので、貰うばかり言う人は詐欺師だと思ってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松尾研のAI君に要約してもらいました | トップページ | ウーバーイーツも労災保険に特別加入@WEB労政時報 »