フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 多様な働き方促すフリーランスの安全網@『月刊公明』2021年9月号 | トップページ | 『ジョブ型雇用社会とは何か』 »

2021年8月11日 (水)

『POSSE』vol.48

9784909237606 『POSSE』vol.48をお送りいただきました。なんだか表紙の雰囲気ががらりと変わりましたな。

https://info1103.stores.jp/items/60fd1be1bc1e646f8c501779

特集は「ジェネレーション・レフトの衝撃」なんですが、冒頭の斎藤幸平氏の解説からしてなんだかよくわからないし、その後の記事もそれぞれにいろんなことがてんでに書かれていて像を結ばない。今野さんのは、外国人労働問題に労働運動がどう取り組むべきかという古くて新しい問題を取り扱っていて、これはこれでアクチュアルだと思うけど、それと世代論がどうつながるのかよく分からない。

内容的にとても面白いのがミニ企画という位置づけの木下武男『労働組合とは何か』をめぐる記事です。

◆ミニ企画「ユニオニズムで未来を構想せよ――木下武男『労働組合とは何か』を読み解く」

燎原の火をつけろ!――現場で闘う若手アクティビストと読む『労働組合とは何か』
木下武男(労働社会学者(元昭和女子大学教授))×稲葉一良(プレカリアートユニオン書記長)×佐賀正悟(さっぽろ青年ユニオン執行委員)×原田仁希(首都圏青年ユニオン委員長)×佐藤よしと(総合サポートユニオン関東エリア執行委員)×青木耕太郎(総合サポートユニオン共同代表)

書評 木下武男著『労働組合とは何か』
篠田徹(早稲田大学教授)

ユニオニズムの創造に向けた理論と実践
浅見和彦(専修大学教授)×木下武男(労働社会学者(元昭和女子大学教授))×今野晴貴(NPO法人POSSE代表)

最後の鼎談では、浅見さんが「本書では、イギリスとアメリカを取り上げて国際比較をしていますが、この二国だけでは偏りが出てしまうように思います。ドイツ、フランス、イタリアなど、大陸ヨーロッパの国々の話も必要なのではないでしょうか」と、ちょうど本ブログで本書を取り上げたときと同じ感想を漏らしています。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2021/03/post-9c1e6b.html(木下武男『労働組合とは何か』)

敢えて言えば、半世紀前に書かれた労働運動史みたいです。当時の労働史研究では、なんといっても断然イギリス、次いでアメリカ、その余はおまけみたいな感じでしたからそれでいいでしょう。でも2021年に出す本でもそれでいいのかというのが最大の疑問です。・・・

ここに、私は本書の一つ目の問題点を見ます。半世紀前の英米労働史中心史観のままでは、現在の世界の労使関係状況を分析できないのではないかということです。そしてそれはもう一つの大きな論点につながります。

これに対して木下さんは、

企業外組織と企業内組織という二本立て組織論というのは明確にしておかなければなりませんね。日本の労働運動の将来を考えた場合、企業別組合を従業員代表制度に衣替えして、企業外組織を外部構築するという展望になってくるのではないかと思います。

と、新たな議論を展開し、これに浅見さんは

大胆な構想なので、その話も本書の中で展開していただきたかったですね。企業別組合をどうするんだという話がないと、大部分の読み手のヒトは、企業別組合をどうして切って捨てるんだっていう疑問を持つと思います。

と返しています。

実はここのところは、今日の日本で労働組合を論じようとするときの最重要ポイントなんです。

昨年海老原さんと出した『働き方改革の世界史』の歳後の対談の終わりのところで、ちびっと私なりの構想を披露していますが、来月出る『ジョブ型雇用社会とは何か』では、最後の「第6章 社員組合のパラドックス」のそのまた最後の「企業別組合と従業員代表制の複雑な関係」の項で、もう少しそこのところを展開しておりますので、ご関心のある向きは是非。

単発記事の中では、青木耕太郎さんの「女性の更年期症状と労働問題――その実態と射程」が、今までほとんど注目されてこなかった女性労働問題と安全衛生問題の交錯する分野を扱っていて、興味深かったです。これは、冒頭のジェネレーションレフトの特集の方に入っている

「生理×社会問題」で資本主義と闘う――“普通”じゃない仲間と創る“普通”じゃない社会
谷口歩実(「#みんなの生理」共同代表)×福井みのり(「#みんなの生理」共同代表)×塩野美里(「#みんなの生理」企画責任者

とも通じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 多様な働き方促すフリーランスの安全網@『月刊公明』2021年9月号 | トップページ | 『ジョブ型雇用社会とは何か』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多様な働き方促すフリーランスの安全網@『月刊公明』2021年9月号 | トップページ | 『ジョブ型雇用社会とは何か』 »