フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ちなみに、全体主義といえばやはりこの本 | トップページ | 香港言語療法士労組の絵本 »

2021年7月23日 (金)

インターンシップ抜きにいきなり大臣でOJT

Nabetsune

昨晩、NHKのBSで渡辺恒雄インタビューの第2弾、平成編が放送されました。世間では裏番組のサッカーを見ている人の方が圧倒的に多かったでしょうが、こちらも大変面白い番組になっていました。

https://www.nhk.jp/p/bs1sp/ts/YMKV7LM62W/episode/te/Q7Y5K7NZ24/

70年にわたり日本政治を見続けた読売新聞グループのトップ・渡辺恒雄氏への独占インタビュー。後編の「平成編」は、渡辺氏の証言から平成という時代の実像に迫る。

読売新聞グループのトップ、渡辺恒雄氏への独占インタビュー番組の第二弾。「平成編」となる今回は、読売新聞社長、巨人軍オーナーとして、平成の日本社会に深く関わった渡辺氏が、その舞台裏を赤裸々に証言。自自連立、大連立など自ら深く関わった政局、巨人軍オーナーとしての発言の真相、自身の戦争体験に根ざした歴史認識。渡辺氏の独占告白から、平成という時代、そして今後の日本の姿を展望する。インタビュアー・大越健介

人によって興味のありかはさまざまでしょうが、私には、福田康夫首相と当時の小沢一郎民主党代表の間の大連立構想を取り持った話が面白かったです。というのも、小沢氏が出てきて、大連立で民主党の議員たちも行政省庁に入って勉強できるというような趣旨のことを言っていたからです。もし本当に彼らにそういう機会があればなんとよかったことかと思います。

その後政権交代で、そういう勉強の機会を持てなかった議員たちがいきなり大臣だの政務官などといった権力をふるえる立場になってしまい、しかしながら頭の中は依然として政府のあれこれ問題点をやたらに追求していきり倒してなんぼという野党時代の感覚が抜けておらず、はっきり言って政府の体をなさないような事態になってしまったからです。

とはいえ、それは主として民主党政権初期の鳩山内閣時代であって、その後の菅内閣や野田内閣時代には、政権初期のOJTの効果が出て、下手な自民党の大臣よりもまっとうな方も結構おられたりしたのですが、その辺は割とすぐに忘れられてしまい、政権初期の悪印象ばかりが残っているように思われます。

改めて考えてみれば、大連立でジュニアパートナーとして行政官庁の中に入って政策を実施する立場としての訓練をする機会があれば、その後民主党主導の政権になっても、もっとまともな政権運営ができたのではないかと思います。実際、菅内閣以降の民主党政権はまさに鳩山内閣時代のおぼつかないOJTの成果が出てきていたわけなので、それを前にずらせていれば、ああいう無駄なことをせずに済んだし、今になっても依然として悪夢のような云々といわれることもなかったでしょう。

その意味では、あの大連立が失敗したのは、実は民主党にとってこそ最も致命的なミスであったのはないかと思われてなりません。

ジュニアパートナーとしてインターンシップをすることなしに、野党根性のまま大臣などの要職にいきなりついてやらかしてしまったことが、その後の民主党やその後継政党にいかにスティグマを与え続けているか、民主党政権中期から後期にかけてのまっとうな政治運営がすぐに忘れられてしまったことを考えると、本当に残念なことであったと思われるのです。

 

 

 

« ちなみに、全体主義といえばやはりこの本 | トップページ | 香港言語療法士労組の絵本 »

コメント

これどうなんでしょうか?
ツイで立憲系政治アカウントを多くフォローしているのですが、反小沢の立憲チャーターメンバーに近い支持層が野田・菅支持で、小沢ファンが野田・菅は出ていけと言うている。

小沢が党内で「下野」した後、徹底的に野党的振る舞いをしたので、こういう話も政局なんじゃないかと思える。

今必要なのはこの大連立のような気がします。

具体的には次の総選挙の後で自民+公明+立憲民主+国民民主+社会民主の与党経験政党全部で大連立する。(立憲、国民は旧民主党と言う事)
内閣人事局は廃止して一旦政治主導はチャラ。
解散は出来るだけしないようにして衆議院議員任期満了による総選挙を実施するようにする。

あとはその都度連立与党で協議しながらやっていく。

この辺りで大連立するのがいいかもしれません。

もっとも今の政治の混迷ぶりからすればこの程度ですら大風呂敷なのですが、この程度の大風呂敷ぐらいはお許しいただければ幸いです。

私もそれができればなんといいことかと思いますが、今のメンツではなかなか難しいでしょうね。

現与党が過半数割っていれば立国社が過大な要求をするのは目に見えてるし、一方で過半数確保していれば立国社にポストを与える意味がない(公明でさえ一大臣しか出せていないのに)

あと社民党や国民民主を入れて維新ははぶくってのはいくら維新嫌いでも不公平だろうよ
どうしても過半数割って連立したいなら国・社・維を排除し、安倍一派を除名したうえで公明党よりも最恵国待遇するのが当然だと思う。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちなみに、全体主義といえばやはりこの本 | トップページ | 香港言語療法士労組の絵本 »