フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« エッセンシャルワーカーへのいやがらせ | トップページ | 荻野登『平成期の労働運動』 »

2021年7月11日 (日)

菅政権が目指す「早期に1000円」の現実味 最低賃金の大幅引き上げ、是か非か@『週刊東洋経済』7月17日号

12875_ext_01_0 明日発売の『週刊東洋経済』7月17日号に、先日東洋経済オンラインで先行公開されていた「菅政権が目指す「早期に1000円」の現実味 最低賃金の大幅引き上げ、是か非か」が載るようです。

https://str.toyokeizai.net/magazine/toyo/20210712/

新連載 異見百見
菅政権が目指す「早期に1000円」の現実味 最低賃金の大幅引き上げ、是か非か
吉岡鞠子/濱口桂一郎/柳 恵美子 

オンラインのインタビュー記事については、そのときに紹介しております。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2021/06/post-f89293.html(「最賃が上がると雇用が減る」は本当か@東洋経済オンラインインタビュー)

日本は2000年代半ばから最低賃金の引き上げに一貫して取り組んでいます。「脱デフレ」を掲げた第2次安倍政権は(最低賃金の)引き上げ幅を拡大させましたが、引き上げの動き自体はそれ以前からあって、与党が自民党でも民主党でも変わりはなかった。・・・・・・ 

(追記)

 

« エッセンシャルワーカーへのいやがらせ | トップページ | 荻野登『平成期の労働運動』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エッセンシャルワーカーへのいやがらせ | トップページ | 荻野登『平成期の労働運動』 »