フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 許可制は健全で届出制は不健全? | トップページ | 産業雇用安定助成金の様々なる前史@『労基旬報』2021年6月25日号 »

2021年6月16日 (水)

EUのプラットフォーム労働の労働条件に関する第2次協議

昨日(6月15日)、欧州委員会はプラットフォーム労働者の労働条件に関する労使団体に対する第2次協議を行いました。

https://ec.europa.eu/social/BlobServlet?docId=24094&langId=en

いろんな意味で興味深いのですが、とりあえず労働法関係者が興味をひかれそうな部分を

5.2.1. Addressing misclassification in employment status

いわゆる誤分類の是正について、

One option would be a rebuttable presumption of an employment relationship to the effect that the underlying contract between the platform and the person working through it is deemed an employment relationship. To counter that presumption, platforms would have to establish in a legal procedure before a court that the person is in fact self-employed. ・・・

一つの選択肢はプラットフォームとそれを通じて就労する者の間の契約が雇用契約であるとみなされる反証可能な雇用関係の推定であろう。この推定を覆すには、プラットフォームは裁判所における訴訟手続きにおいてそのものが真に自営業者であると立証しなければならない。・・・

Another option would be a shift in the burden of proof or lowering the standard of proof required for people engaged in platform work or for their representatives in legal proceedings. The person working through the platform would not automatically be considered to be in an employment relationship, but would have to establish very few basic facts from which it can be presumed that an employment relationship exists (prima facie evidence), in which case it would be for the platform operator to prove that the person is in fact self-employed.

もう一つの選択肢はプラットフォームを通じて就労する者やその代表者に求められる証拠の基準を引き下げる立証責任の転換である。プラットフォームを通じて就労する者は自動的に雇用関係にあるとみなされるわけではないが、雇用関係が存在すると推定しうるようなごくわずかな基本的な事実のみを立証すればよく、その場合その者が真に自営業者であることを立証すべきはプラットフォーム運営者のほうである。

5.2.2. Introducing new rights related to algorithmic management

アルゴリズムによる管理に関係した新たな権利について

 

 

 

 

 

 

 

 

« 許可制は健全で届出制は不健全? | トップページ | 産業雇用安定助成金の様々なる前史@『労基旬報』2021年6月25日号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 許可制は健全で届出制は不健全? | トップページ | 産業雇用安定助成金の様々なる前史@『労基旬報』2021年6月25日号 »