フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ウーバーイーツ就労者の労基法上/労災保険法上の労働者性と特別加入 | トップページ | 【GoTo書店!!わたしの一冊】第20回 ウォルター・シャイデル『暴力と不平等の人類史』 »

2021年5月25日 (火)

『Japan Labor Issues』6月号

Jli_20210525122001 JILPTの英文誌『Japan Labor Issues』6月号がアップされました。

https://www.jil.go.jp/english/jli/documents/2021/031-00.pdf

● Trends
Column: Job Separation and Reemployment amid the COVID-19 Crisis in Japan TAKAHASHI Koji
Column: How Women Bear the Brunt of COVID-19’s Damages on Work (Continued, Part II): Catch Up With Men on the Employment Recovery ZHOU Yanfei
● Judgments and Orders
The Worker Status of a Theater Troupe Member The Air Studio Case HAMAGUCHI Keiichiro
● Japan’s Employment System and Public Policy 2017-2022
Labor-management Relations in Japan Part II: Trends and Current State of Collective Labor Relations HAMAGUCHI Keiichiro 

ということで、コロナ関連の高橋康二さんと周燕飛さんの論文がメインで、あとわたしの判例紹介(エアースタジオ事件)と日本の労使関係の概説が載っています。

このうち、エアースタジオ事件は劇団員の労働者性ですが、原審が認めた裏方業務だけではなく、舞台での公演までも労働者性ありと判断したもので、結構この業界にインパクトが大きい判決です。私は後者に対しては批判的です。

 

 

 

« ウーバーイーツ就労者の労基法上/労災保険法上の労働者性と特別加入 | トップページ | 【GoTo書店!!わたしの一冊】第20回 ウォルター・シャイデル『暴力と不平等の人類史』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウーバーイーツ就労者の労基法上/労災保険法上の労働者性と特別加入 | トップページ | 【GoTo書店!!わたしの一冊】第20回 ウォルター・シャイデル『暴力と不平等の人類史』 »