フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「労働の解放をめざす労働者党」さんの濱口批判 | トップページ | バラモン左翼と商売右翼への70年 »

2021年5月29日 (土)

EUのAI規則案に欧州労連の批判

Erd_lwnwsaizntl 先月公表されたEUのAI規則案については、すぐにJILPTのホームページでリサーチアイとして紹介したところですが、

https://www.jil.go.jp/researcheye/bn/060_210430.html(EUの新AI規則案と雇用労働問題)

去る4月21日、EUの行政府たる欧州委員会は新たな立法提案として「人工知能に関する規則案」(COM(2021)206)[注1]を提案した。同提案は早速世界中で大反響を巻き起こしているが、本稿では必ずしも日本のマスコミ報道で焦点が当てられていない雇用労働関係の問題について紹介し、政労使の関係者に注意を促したい。 ・・・

これに対する欧州労連(ETUC)の批判的見解が昨日公表されています。

https://www.etuc.org/en/document/commissions-proposal-regulation-artificial-intelligence-fails-address-workplace-dimension(Commission's proposal for a regulation on Artificial Intelligence fails to address the workplace dimension)

「欧州委員会のAI規則案は職場の次元を取り扱い損ねている」と批判しています。

いろいろと批判を連ねていますが、最後に欧州労連の要求事項を6つ並べています。

1) The AI regulation should address the need for inclusive and democratic governance and clear rules securing great protection of workers.
2) Classify AI applications impacting workers’ rights and working conditions as high-risk and subject to appropriate regulation.
3) Guarantee AI systems in which humans remain in control, which is compliant with labour rights and a sound use of personal data. Trade unions and workers’ representatives must be key actors in developing and implementing AI systems.
4) Strengthen the application of GDPR to the workplace reality including the active involvement social partners to strengthen industrial democracy.
5) Social dialogue structures, collective bargaining, information, consultation and participation of trade unions and workers’ representatives are key to providing the necessary support for workers to better build and be part of the uptake and monitoring of AI used at the workplace.
6) Guarantee the application of the precautionary principle should be a core action to tackling uncertain AI risks. 

1)AI規則は労働者を保護する包摂的で民主的なガバナンスと明確なルールの必要性を取り扱うべきである。

2)労働者の権利と労働条件に影響を与えるAIアプリケーションをハイリスクに分類し、適切な規制の下に置くべし。

3)AIシステムを人間のコントロールの下に、労働の権利に従い、個人データを適切に利用するよう保証すべし。労働組合と労働者代表はAIシステムの設計と運用のキーアクターでなければならない。

4)産業民主主義を強化するため、労使団体の関与を含め、EU一般個人データ保護規則の職場への適用を強化すべし。

5)労働組合と労働者代表の労使対話構造、団体交渉、情報提供・協議・参加は職場で用いられるAIの取り込みと監視において労働者に必要な援助を提供するうえでキーとなる。

6)予防原則の適用が不確実なAIリスクに取り組む中核的行動であるべし。

 

« 「労働の解放をめざす労働者党」さんの濱口批判 | トップページ | バラモン左翼と商売右翼への70年 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「労働の解放をめざす労働者党」さんの濱口批判 | トップページ | バラモン左翼と商売右翼への70年 »