フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 『季刊労働法』2021年春号(272号)はフリーランスとクラウドが特集 | トップページ | 帰ってきた原典回帰最終回 沼田稲次郎『現代の権利闘争』@『HRmics』最終号 »

2021年3月 4日 (木)

ジョブ型雇用の誤解@『企業会計』2021年4月号

502104_430 中央経済社の『企業会計』2021年4月号に「ジョブ型雇用の誤解」を寄稿しました。

https://www.biz-book.jp/isbn/502104

 昨今マスコミやネット上では「ジョブ型」という言葉が氾濫している。もともと、日本型雇用システムの特徴を、欧米やアジア諸国の「ジョブ型」と対比させて「メンバーシップ型」と名付けたのは私自身であるが、近年の「ジョブ型」の氾濫には眉をひそめざるを得ない。というのも、最近マスコミに溢れる「ジョブ型」論のほとんどは、一知半解で「ジョブ型」という言葉を振り回しているだけだからだ。ここではそのうち、特に目に余る二つのタイプを批判しておきたい。
 
Ⅰ 「成果で評価するのがジョブ型」は9割方ウソ
Ⅱ 「ジョブ型は解雇されやすくなる」は8割方ウソ
Ⅲ 「ジョブ型がこれからのあるべき姿」という誤解

« 『季刊労働法』2021年春号(272号)はフリーランスとクラウドが特集 | トップページ | 帰ってきた原典回帰最終回 沼田稲次郎『現代の権利闘争』@『HRmics』最終号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『季刊労働法』2021年春号(272号)はフリーランスとクラウドが特集 | トップページ | 帰ってきた原典回帰最終回 沼田稲次郎『現代の権利闘争』@『HRmics』最終号 »