フォト
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 今、日本の労働者代表制を考える@『経営民主主義』75号(2020年12月) | トップページ | シフト制アルバイトの問題(予告) »

2021年1月15日 (金)

倉重公太朗編著『【日本版】同一労働同一賃金の理論と企業対応のすべて』予告

八面十六臂の倉重さんが、ツイッターで来月刊行予定の編著の予告をしています。

https://twitter.com/kurage4444/status/1349908357520400386

【新刊予定】
「【日本版】同一労働同一賃金の理論と企業対応のすべて」というタイトルで2月中に発売を目指しております。

全原稿執筆完了。素晴らしい著者陣が集まりました。

https://twitter.com/kurage4444/status/1349909853309861892

序章「なぜ「日本版」同一労働同一賃金なのか」(JILPT研究所長濱口桂一郎氏)
第1章 日本版同一労働同一賃金とは(倉重)
第2章 最高裁7判例解説
第3章 基本給・賞与・退職金の理論と実務対応
(近衞弁護士、人事コンサル田代氏、JILPT山本陽大氏)

https://twitter.com/kurage4444/status/1349909957483741184

第4章 手当、その他労働条件の理論と実務対応(荒川・河本・池邊弁護士)
第5章 高年齢者雇用の理論と実務対応(ILPT藤本真氏、中山達夫弁護士)
第6章労働者派遣の実務(一般社団法人 日本生産技能労務協会 会長 青木秀登氏)

 

 

 

 

« 今、日本の労働者代表制を考える@『経営民主主義』75号(2020年12月) | トップページ | シフト制アルバイトの問題(予告) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今、日本の労働者代表制を考える@『経営民主主義』75号(2020年12月) | トップページ | シフト制アルバイトの問題(予告) »