フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 坂本貴志『統計で考える働き方の未来』 | トップページ | 『経営法曹』206号 »

2020年12月29日 (火)

JILPT任期付研究員【労使関係・労務管理】の募集・採用について

JILPTが労使関係・労務管理分野の任期付研究員を募集しています。

今月初めからJILPTのホームページに募集要項が掲載されていますが、あまり目につかない可能性もあるので、こちらでもお知らせしておきます。

https://www.jil.go.jp/information/koubo/kenkyuin/2020/11.html

1.職務内容
常勤の研究員として機構が実施する各種研究プロジェクトに参画し、特定の政策課題に関する調査研究を自ら担当することで、政策的論点の整理や政策的インプリケーションの提示を含む研究成果の取りまとめ・発信を行うこと。

機構内の組織横断的プロジェクトや、厚生労働省等からの緊急の要請に基づく調査、国内外の他の政策研究機関等との共同研究や国際会議への参加、フォーラム・セミナーでの研究発表、定期刊行物への原稿執筆、厚生労働省職員に対する研修の講師等、機構の各種事業に参画すること。

2.募集分野
労使関係・労務管理

3.募集人員
研究員(任期付) 若干名

4.応募資格
次の条件をすべて満たすこと。

募集分野に関連した研究業績を過去5年以内に有すること。
国内及び海外(とくにアメリカ又はフランスが望ましい)の労使関係・労働事情、労働政策・制度等の実態把握およびその結果を踏まえた政策形成に関心をもち、その調査研究に継続して取り組む意欲と情熱があること。
上記の研究に係る研究領域に関連した研究領域に係る学部または学科(名称を問わず同様の研究分野であるものを含む)の博士課程修了者(単位取得退学者を含む)または研究業績からみてこれと同等以上の能力と経験を有すると認められる者。
自ら、もしくは他の者が設計・実施したヒアリング調査又はアンケート調査を分析した実績を有すること。
報告書や論文を日本語で執筆・発表できる能力を有すること。

5.採用予定日
令和3年4月1日以降 ※採用日については相談に応じる。

6.勤務条件
雇用形態
任期付常勤研究員

※任期は原則、採用日から3年間。任期満了後、期間の定めのない雇用契約を機構から申し出ることがある(テニュアトラック)。

勤務地
労働政策研究・研修機構 労働政策研究所
東京都練馬区上石神井4-8-23 (西武新宿線上石神井駅より徒歩10分程度)

勤務時間
裁量労働制

休日・休暇
土曜日、日曜日、国民の祝休日、年末年始、年次有給休暇等

給与等
当機構の給与規程等に基づき処遇。本俸、各種手当、賞与等。

(参考) 研究員(任期付)の本俸月額37万2,500円(令和2年3月現在)

福利厚生
健康保険、厚生年金、企業年金基金、雇用保険、労災保険に加入

7.選考方法
書類審査・論文審査
研究発表
面接
※書類審査・論文審査を通過した者を対象に研究発表を実施する。
日時・場所は対象者に2月下旬を目処に個別に連絡する。

8.応募方法
提出書類
履歴書(日本工業規格様式、写真貼付)
連絡用の電話番号とE-mailアドレスを必ず記入すること。
成績証明書(最終学歴のもの)
修了証明書(最終学歴のもの)
業績目録(形式任意:A4用紙)
著書
査読付学術論文、その他学術論文
学位(学位名、論文題名、取得年月日、大学名。博士号を有する場合は、修士号についての記載は不要)
学会における活動
受賞歴
社会的活動 等
主要研究業績
主要研究業績3点以内のコピーを各1部

労働問題の実証研究の業績がある場合は含めること。
ヒアリング調査又はアンケート調査を設計・実施・分析した研究業績がある場合は含めること。
査読付論文がある場合は含めること。
いずれも要約を添付すること。外国語論文の場合は、邦訳及び日本語要約を必ず添付すること。
共著論文の場合は、本人の担当・貢献部分を明確にすること。
小論文(形式任意:A4用紙2枚程度)
機構において労働分野の政策課題についての研究を行うと仮定し、今後、中長期に重要になると考えられる課題を示した上で、研究実施企画書を試作すること。
提出期限
令和3年1月15日(金曜)必着
書類の送付先
〒177-8502 東京都練馬区上石神井4-8-23
独立行政法人 労働政策研究・研修機構 研究調整部 研究推進課 あて

※封筒の表に「【労使関係・労務管理】応募書類在中」と朱書きで明記し、簡易書留または書留にて郵送(宅配便も可)すること。持参不可。

応募に関するお問合せ先
独立行政法人労働政策研究・研修機構
研究調整部 研究推進課 研究員採用担当
電話 03-5991-5146(ダイヤルイン)
E-mail:jilpt-saiyo2020[at]jil.go.jp ※[at]を@にご修正ください。

9.その他
応募に係る費用は、全額応募者負担とします。
提出頂いた応募書類は、採用選考の用途にのみ使用し、原則として返却しません。
また、入手した個人情報は、「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」をはじめとする個人情報に関する法令および当機構の規程にもとづき適切に管理するとともに、正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与を行うことは一切ありません。 

 

 

« 坂本貴志『統計で考える働き方の未来』 | トップページ | 『経営法曹』206号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 坂本貴志『統計で考える働き方の未来』 | トップページ | 『経営法曹』206号 »