フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 第112回労働政策フォーラム「アニメーターの職場から考えるフリーランサーの働き方」はまもなく申し込み締め切りです | トップページ | ブックレット『新型コロナウイルスと労働政策の未来』 »

2020年12月14日 (月)

増島雅和、蔦大輔『事例に学ぶサイバーセキュリティ』

Syoseki15 経団連出版の輪島忍さんより、増島雅和、蔦大輔『事例に学ぶサイバーセキュリティ—多様化する脅威への対策と法務対応』をお送りいただきました。

サイバーセキュリティが組織的課題であることを前提に、企業が行うべきサイバーセキュリティ対策について、具体的なインシデント(内部からの情報持ち出し、マルウェア感染、DDoS攻撃、ビジネスメール詐欺等)の事例をあげながら、組織対応の手順や勘所、留意すべき法的な観点を詳述しました。
法務部はもちろん、情報システム関連部署やインシデント対応チームなど、サイバーセキュリティの実務に携わる多くの方にお勧めします。

労働法的には、第3章の内部からの情報持ち出しのところが興味深いです。

 

 

« 第112回労働政策フォーラム「アニメーターの職場から考えるフリーランサーの働き方」はまもなく申し込み締め切りです | トップページ | ブックレット『新型コロナウイルスと労働政策の未来』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第112回労働政策フォーラム「アニメーターの職場から考えるフリーランサーの働き方」はまもなく申し込み締め切りです | トップページ | ブックレット『新型コロナウイルスと労働政策の未来』 »