フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 第110回労働政策フォーラム「テレワークをめぐる課題」(2020年9月29日)のご案内 | トップページ | 休業手当が給与の半額以下になる理由 »

2020年8月24日 (月)

残りの14万人は何型だったの?

昨今の「ジョブ型」狂騒曲は、そもそもジョブ型とは何であるのかというイロハのイをどこかに置き忘れたような議論ばっかりがあふれていて、はっきり言ってどいつもこいつも99.5%は読むに堪えないくずばかりという感じですが、さすがにこれには口をあんぐりでした。

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01400/081300001/(世界30万人をジョブ型に転換、日立が壮大な人事改革に挑む本当の理由)

国内で働く16万人を含め世界中の従業員30万人をジョブ型の人事制度へ――。日立製作所が壮大な社内改革に乗り出した。新型コロナウイルスの感染拡大により働き方をテレワーク中心へと刷新するのに伴い、人事制度の抜本的な見直しに挑む格好だ。その狙いを探った。・・・・ 

いや、今まで長らくメンバーシップ型にどっぷりとつかってきた国内の16万人をジョブ型に転換するというのはいいですよ。

残りの14万人も、ジョブ型に転換するんだそうですが、さて、その人たちは今まで何型だったんでしょうかね。

世界中の30万人から国内の16万人を引いた残りは、欧米であれアジア諸国であれ、すべてれっきとしたジョブ型の世界のはずですが、でもそれもジョブ型に転換するんだそうです。この人にとって、ジョブ型ってのは、労働研究の世界で確立した雇用システムの類型論なんかではない、何かとてつもない神秘的な崇め奉るべき何物かなんでしょうなあ。

よってもってかくのごとし。

 

« 第110回労働政策フォーラム「テレワークをめぐる課題」(2020年9月29日)のご案内 | トップページ | 休業手当が給与の半額以下になる理由 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第110回労働政策フォーラム「テレワークをめぐる課題」(2020年9月29日)のご案内 | トップページ | 休業手当が給与の半額以下になる理由 »