フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« リモートワークの変曲点@労働組合の視点 | トップページ | 職務記述書と職務経歴書は全然違うよ又はジョブ型が全然分かってない人ばかり騒いでいる件について »

2020年7月24日 (金)

ジョブ型社会の最低賃金、メンバーシップ型社会の最低賃金

今年の最低賃金の引き上げ額を議論していた中央最低賃金審議会が、労使の対立が解けず、結局引き上げ額の目安を示さず、現状維持が適当という公益委員意見で決着したようです。

https://www.mhlw.go.jp/content/11201250/000651882.pdf

これは既にマスコミで報じられていますし、日商と連合がコメントを発表していて、この点に特に付け加えるべきことはないのですが、

https://www.jcci.or.jp/news/2020/0722203600.html

本日、地域別最低賃金額改定の目安に関する審議が結審し、「引上げ額の目安を示すことは困難であり、現行水準を維持することが適当」という結果になった。新型コロナウイルスの影響により、未曽有の苦境にある中小企業・小規模事業者の実態を反映した適切な結論であり、これを評価する。・・・・

https://www.jtuc-rengo.or.jp/news/article_detail.php?id=1111

中央最低賃金審議会・目安に関する小委員会(委員長:藤村博之法政大学大学院教授)は7月22日、「引上げ額の目安を示すことは困難であり、現行水準を維持することが適当」とする公益委員見解を地方最低賃金審議会へ示すこととした。
 今回の目安審議においては、目安額の提示の是非とその根拠等が労使の主張の大きな隔たりとなった。最低賃金の引上げが雇用調整の契機となる事を懸念し、据え置き・凍結を主張する使用者側と、経済好循環の実現に向けて政労使でステップを踏んできた流れを維持・継続すべく有額にこだわる労働者側との間で、主張の隔たりが埋まることなく、結果として雇用維持を最優先し、「目安を示すことは困難」とされたことは、極めて遺憾であると言わざるを得ない。・・・・

でもね、普通労働政策について労使団体の意見というと、経団連と連合じゃないですか。なぜ最賃だと日商になるんだろう?

って、そんなの当り前じゃないか、経団連に入るような大企業は最低賃金なんかあんまり痛痒を感じない。日商に入るような中小企業が大変なんだよ、と。

ところが、なぜそうなんだろう、つまりなぜ最低賃金はもっぱら中小企業に影響し、大企業にはあんまり関係ないんだろう、って考えていくと、これは実は日本独特の雇用システムから来ているんですね。

日本以外のジョブ型社会では、賃金はジョブで決まる。大企業であろうが中小企業であろうが、高給ジョブは高給ジョブだし、低賃金ジョブは低賃金ジョブです。

まあ大体、低賃金ジョブってのは、今回のコロナで露呈したように、エッセンシャルワーカーとか言われて、感染のリスクにさらされながら、生身の体をさらさなければならないジョブであり、高給ジョブってのは、テレワークだリモートワークだのという安全な仕事のスタイルをやれるジョブなんですね。そして、アメリカなんかでは露骨に出るけど、後者はアングロサクソン系を中心としたホワイト人種が多く、前者は黒人やヒスパニックといった非白人系が多い。

ジョブ型社会ってのは、まさにジョブ格差社会なわけです。

日本はそうじゃない。といって、格差はないわけじゃない。格差の在り方が違う。それが、まさに最低賃金に対するコメント主体に現れているように、大企業と中小零細企業の格差であり、もひとつは大企業であっても正社員は高給で非正規労働者は低賃金という構造になっている。

重要なのは、これはいかなる意味でもジョブによる格差ではないということ。同じ仕事をしている人が大企業の正社員であるか中小企業の労働者であるか、非正規労働者であるかによって格差が生じる。

ということは、日本における最低賃金問題というのは、他のジョブ型社会におけるような意味での特定の低賃金ジョブをどうするかという問題に収まらないということです。

ジョブの如何を問わず、すべての中小零細企業、すべての非正規労働者に等しくかかわってくる問題なんですね。

その結果、大企業の集まりの経団連よりは中小零細企業の日商にとって切実であり、大企業の正社員組合である個々の企業別組合よりは、建前上すべての労働者の利益を代表しているはずのナショナルセンターにとってより重要な課題となるわけです。

 

« リモートワークの変曲点@労働組合の視点 | トップページ | 職務記述書と職務経歴書は全然違うよ又はジョブ型が全然分かってない人ばかり騒いでいる件について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リモートワークの変曲点@労働組合の視点 | トップページ | 職務記述書と職務経歴書は全然違うよ又はジョブ型が全然分かってない人ばかり騒いでいる件について »