フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 『ビジネス・レーバー・トレンド』2020年8・9月号 | トップページ | 小林慶一郎/森川正之編著『コロナ危機の経済学』 »

2020年7月27日 (月)

ワーケーション促進?

政府の観光戦略実行推進会議で、菅官房長官がワーケーションを促進すると語ったそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200727/k10012534331000.html

新型コロナウイルスの影響で観光需要が低迷するなか、菅官房長官は感染対策を行ったうえで「Go Toキャンペーン」の活用を呼びかけるとともに、観光や働き方の新たな形として休暇を楽しみながらテレワークで働く「ワーケーション」の普及に取り組む考えを示しました。・・・

また、旅行や働き方の新しいスタイルとして、リゾート地や温泉地などで余暇を楽しみながら、テレワークで仕事をする『ワーケーション』や、そうした地域に企業の拠点を設置する『サテライトオフィス』を普及させるため、ホテルなどで仕事ができるようWi-Fiの整備の支援に取り組む考えを示しました。・・・

とりあえず今日の観光戦略実行推進会議の資料を見ると、

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/kanko_kaigi_dai38/gijisidai.html

観光庁の資料に確かにワーケーションが出てきます。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/kanko_kaigi_dai38/siryou1.pdf

Go to トラベルキャンペーンの広報の中で、感染リスクの低減に資する休暇の分散化、ワーケーションなどの新しい旅行スタイルの普及を図る。

*ワーケーション … テレワークを活用し、リゾート地・温泉地等で余暇を楽しみつつ仕事を行う。

また、和歌山県の仁坂知事の資料は「和歌山県におけるワーケーションの取組について」と題して、和歌山県ワーケーションプロジェクトの取組を説明しています。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/kanko_kaigi_dai38/siryou3-3.pdf

さらにJTBの高崎邦子氏は「日本版ワーケーション推進に向けて」という資料で、いろんなタイプを示しているんですが、どうも労働時間法制上の問題があるという認識が、皆様に余りなさそうなのが気になります。

Workation

 

(追記)

Gbcxmnhh_400x400 かぴばらさん呟いて曰く:

https://twitter.com/pandadnap9999/status/1287654950219034624

経営者「ワーケーションだから労働時間はノーカウント」

vs

労働者「ワーケーションだから休暇はノーカウント」

いやこれまじに冗談じゃないからね。

「休暇中に仕事を織り込んだ」ら、その時間は労働時間であるのか、労働時間じゃないのか、そのどちらでもあるのか、そのどちらでもないのか・・・・

« 『ビジネス・レーバー・トレンド』2020年8・9月号 | トップページ | 小林慶一郎/森川正之編著『コロナ危機の経済学』 »

コメント

和歌山県知事の名前は「仁坂」氏です。

ご指摘ありがとうございます。修正しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ビジネス・レーバー・トレンド』2020年8・9月号 | トップページ | 小林慶一郎/森川正之編著『コロナ危機の経済学』 »