フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ジョブ型とメンバーシップ型の能力開発費 | トップページ | 神谷悠一・松岡宗嗣『LGBTとハラスメント』 »

2020年7月15日 (水)

建設業の一人親方問題に関する検討会

GO TOキャンペーンで批判にさらされている国土交通省ですが、一方で地味ながら今日の雇用類似就業者問題に関わるこういう試みが始まっています。先月末に、建設業の一人親方問題に関する検討会がはじめられているのです。

https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_tk2_000133.html

・・・一方、法定福利費等の労働関係諸経費の削減を意図して、技能者の個人事業主化(いわゆる一人親方化)が進む懸念や、労働基準法令規制強化の影響もあり、偽装請負の一人親方として従事する技能者も一定数存在するものと認識しています。
 このため、実効性のある施策・推進するため「建設業社会保険推進・処遇改善連絡協議会」の下に「建設業の一人親方問題に関する検討会」を設置し、職種ごとの一人親方の実態把握、規制逃れを目的とした一人親方化対策、その他一人親方の処遇改善対策等の諸課題について検討を行います。
 なお、本検討会は令和2年度内に中間取りまとめを行う予定です。

ほお、「規制逃れを目的とした一人親方化対策 」とな。まさに今日においても労働基準監督現場における労働者性問題の一丁目一番地にあるのが建設業の一人親方ですから、この行方は注目したいです。

なお資料はこちら

https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/content/001350874.pdf

構成員名簿はこちらですが、

https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/content/001350876.pdf

有識者として、水町勇一郎、川田琢之の二人が入っています。

 

 

 

 

 

 

 

« ジョブ型とメンバーシップ型の能力開発費 | トップページ | 神谷悠一・松岡宗嗣『LGBTとハラスメント』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョブ型とメンバーシップ型の能力開発費 | トップページ | 神谷悠一・松岡宗嗣『LGBTとハラスメント』 »